MENU
HONDA
検索

エンジン

スポーティーな走りを楽しめる
1,082cm³水冷直列2気筒エンジン

エンジンは1,082cm³水冷直列2気筒。吸気系、排気系を最適に調律することにより迫力がありながらもジェントルなサウンドを演出。また低速から豊かで幅広く使えるトルクと高回転までスムーズに回る基本特性を生かしながら、PGM-FIの専用セッティングにより扱い易さと力強くスポーティーな走りを楽しめるパワーユニットとしている。

DCT

ライディングの楽しさを追求した
Dual Clutch Transmission(DCT)

2組のクラッチの切り替えにより、駆動力に途切れのない、スムーズで素早い変速を追求したDCTを採用。シフト操作にとらわれない快適性とダイレクトでスポーティーな走りの楽しさを追求している。走行モードには、「ATモード」と「MTモード」を設定。ATモードには、一般走行に適した「Dモード」とスポーティーな走行に適した3つのレベルが選べる「Sモード」を採用している。

ライディングモード

さまざまなシチュエーションに対応する5つのライディングモード

日常のライディングから週末のロングツーリングで出会うさまざまなシチュエーションをより快適で安心に楽しめる「ライディングモード」を採用。「TOUR」、「URBAN」、「RAIN」の3つのモードに加え、好みの設定が可能な「USER 1」「USER 2」モードを設定している。

トルクコントロールシステム

安心感ある走りをもたらす
Honda セレクタブル トルク コントロール

後輪スリップを緩和する後輪スリップ制御と前輪の浮き上がりを緩和するウイリー挙動緩和制御の同調制御をするHonda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)を採用。3段階のレベル切り替えとOFF(機能停止)を選択可能としている。

※Honda セレクタブル トルク コントロールはスリップやウイリー挙動をなくすためのシステムではありません。あくまでもライダーのアクセル操作を補助するシステムです。したがって、Honda セレクタブル トルク コントロールを装備していない車両と同様に、無理な運転までは対応できません。運転するときは急なアクセル操作を避け、安全運転をお願いします。

  • ※写真はすべて海外仕様車です。※写真はすべて海外で撮影したものです。※一部の写真はアクセサリー装着車です。※一部の装着アクセサリーは日本未発売となります。