MENU

HONDA

検索
Valencia 

Valencia

Result
  FP1 FP2 FP3 FP4 QP Race Standing
マルク・マルケス 1st 1st - - - - -
ダニ・ペドロサ 4th 6th - - - - -
Report
マルケスがトップタイムをマーク。今季13勝目に向けて絶好のスタートを切る

11月7日(金)、シーズン最終戦となるバレンシアGPの初日は、2年連続でのライダーズタイトルの獲得を決め、ホームグランプリを迎えたマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が、1回目、2回目のフリー走行でともにトップタイムをマーク。シーズン13勝目に向けて、絶好のスタートを切りました。午前に行われた最初の走行は、トップのマルケスから1秒差以内に9台という接戦に。風が強くなり、厳しいコンディションとなった午後の走行は、全体的にタイムが伸び悩む中、トップのマルケスから1秒差以内に12台となりました。

昨年の大会でマルケスは、ポールポジションを獲得したものの、タイトルの獲得を優先して3位でフィニッシュしました。チャンピオンを確定させた上で臨む今年の大会では、最高峰クラスで自身初のバレンシアGP制覇と、シーズン最多優勝記録を更新する、13勝目を目指します。

マルケスのチームメートで、今季2勝目を狙うダニ・ペドロサは、午前の走行では4番手。午後の走行では、多くのライダーと同じくタイムを伸ばせず、5番手へとポジションを落としました。そんな中でもタイヤテストに集中し、決勝に向けて着実に準備を進めました。

Comment

マルク・マルケス(MotoGP 1番手)
「初日の走行を終えて、最もよかったことは、マシンの感触です。ファステストタイムで終えられたのは、あまり参考にはなりませんが、最も重要なのはペースがよかったことです。とにかく、いろんなテストに取り組み、前進できました。午後のセッションではタイムを更新できませんでしたが、明日も引き続き、前進していきたいです。僕とホルヘ(ロレンソ、ヤマハ)、ダニ、そしてバレンティーノ(ロッシ、ヤマハ)の4人によって、ポールポジションが争われると思います」

ダニ・ペドロサ(MotoGP 5番手)
「今日はタイヤのテストに集中しました。特にフロントは、2種類のタイヤを試せました。リアは両セッションともにソフトで走りました。今日の路面コンディションとしては、思ったよりも速く走れました。午後は風があったことで、タイムの更新が少し難しかったです。このサーキットは、ファクトリーマシンとオープンマシンのタイム差があまりないため、セットアップを進めて、決勝に向けていいタイヤの選択をしなければなりません」

Release

2014.11.07
World Champion Marquez leads the way on day one in Valencia Repsol Honda’s Marc Marquez recorded the fastest time in both practice sessions today for Sunday’s Valencia GP, with teammate Dani Pedrosa 5th in the combined times.

PRESS RELEASE プレス向けニュース配信