MENU

HONDA

検索
Australia 

Australia

Result
  FP1 FP2 FP3 FP4 QP Race Standing
マルク・マルケス 5th 2nd 2nd 2nd 1st - -
ダニ・ペドロサ 9th 10th 10th 9th 5th - -
Report
マルケス12回目のポールポジション獲得。シーズン最多記録に並ぶ

第16戦オーストラリアGPの予選は、前戦日本GPで2年連続タイトルを決めたマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が着実にセットアップを進め、予選では1回目のアタックで真っ先に1分28秒台を出し、2回目のアタックでさらにタイムを更新する完ぺきな走りでポールポジション(PP)を獲得しました。これで今季12回目のPP獲得となり、1997年にマイケル・ドゥーハン、2011年にケーシー・ストーナーが達成したシーズン最多PP記録に並び、残り2戦で新記録樹立の期待が膨らみました。

昨年は、コース改修の影響でタイヤトラブルが多発しました。そのため今年は対策済みのニュータイヤを投入。選手たちはフィリップアイランド・サーキットに合わせてセットアップに集中しました。マルケスはセッションをこなすごとにニュータイヤのパフォーマンスを引き出し、一度でのタイムもアベレージもよく、決勝では今季12勝目の期待が膨らみました。

予選では、シーズン最多記録にならびましたが、今大会優勝すれば、1997年にドゥーハンがHondaで達成したシーズン最多優勝記録の12勝にならびます。同時に、Honda勢の選手が3位以内に入れば、最高峰クラスでは4年連続、通算21回目のコンストラクターズタイトルを獲得することになります。

チームメートのダニ・ペドロサは、フリー走行ではニュータイヤのセットアップに苦しみました。そのため3回目のフリー走行を終えて総合11位に終わり、今季初めて、Q1からQ2進出を目指すことになりました。しかし、実力あるペドロサは、Q1でトップタイムをマーク。Q2ではさらにタイムを短縮して5番手に浮上。決勝に向けて急ピッチでセットアップを進めることに成功しました。

Comment

マルク・マルケス(MotoGP ポールポジション)
「今日とてもよかったです。昨日は本来のペースには、ほど遠く厳しい一日でしたが、がんばったおかげでペースを取り戻すことができました。今日はとても気持ちよく乗ることができました。しかし、明日は厳しい戦いが待ち受けています。ホルヘ(ロレンソ)とバレンティーノ(ロッシ)はペースが速いので、2人を抑えるのはとても難しいことです。今回も、これまでと同じように、トップグループに加わり、優勝を狙って行きます」

ダニ・ペドロサ(MotoGP 5番手)
「とても難しい一日でした。今日はいろいろ問題があり、FP3ではタイムが出せず、Q2にダイレクトに進むことができませんでした。そして、午後のフリー走行もよくなかったのですが、予選では大きなステップを踏むことができました。Q1を通過するために、残念なことにタイヤを使わなければならず、それをQ2で使うことになりましたが、5番グリッドを獲得することができました。明日はいいスタートを切って全力で挑みます。そしてミスをしないように集中したいと思います」

Release

2014.10.18
World Champion Marquez takes pole number twelve in Australia with Pedrosa 5th Repsol Honda’s Marc Marquez has today achieved his twelfth pole position of 2014, equalling the pole record in a single season held by fellow Repsol Honda riders Mick Doohan (1997) and Casey Stoner (2011). Teammate Dani Pedrosa will start from the second row in 5th position, but just 0.033 seconds off second place.

PRESS RELEASE プレス向けニュース配信