MENU

HONDA

検索
San Marino 

San Marino

Result
  FP1 FP2 FP3 FP4 QP Race Standing
マルク・マルケス 2nd 3rd - - - - -
ダニ・ペドロサ 10th 2nd - - - - -
Report
ウエットコンディションとなったフリー走行で、ペドロサ3番手、マルケス4番手と、まずまずのスタートを切る

第13戦サンマリノGPのフリー走行は、終日、雨となり、1回目、2回目ともにウエットコンディションの中で行われました。この日は、滑りやすい路面コンディションのため、午前中は転倒者が続出、午後のセッションも転倒者が多い一日となりました。難しいコンディションとなりましたが、Repsol Honda Teamの両選手は転倒もなく、ダニ・ペドロサが3番手、マルク・マルケスが4番手で初日を終えることになりました。

午前中1回目のセッションは、コースイン開始直後から転倒者が続きました。このセッションでペドロサは、わずか6ラップをこなし10番手。やや雨量が減ってコンディションがよくなった午後は12ラップを周回し、3番手へとポジションを上げました。しかし、この日は、路面コンディションが悪く、ハード、ソフト両コンパウンドを試してもグリップの改善に大きな変化はなく、天候の回復が予想される2日目に、セットアップを持ち越すことになりました。
チームメートで総合首位のマルケスも、午前中は7周をこなして2番手。午後のセッションでは、雨量がもっとも多いコンディションのタイミングでコースイン、7ラップをこなして4番手。「リスクを冒さず着実にセットアップを進めることができた」と手応えをアピールしているだけに、2日目の予選では、ペドロサとともにポールポジション(PP)の期待が膨らんでいます。

Comment

ダニ・ペドロサ(MotoGP 3番手)
「今日は路面がとても滑りやすかったので、2、3ラップしかちゃんと走れませんでした。午前中のセッションは、全くグリップしませんでした。そこで、ソフトコンパウンドに変えたのですが、それでも問題は解決しませんでした。明日は、どんなコンディションになっても、グリップを改善することに集中しなければなりません。いずれにしても、きっと難しい一日になりそうです」

マルク・マルケス(MotoGP 4番手)
「今日は難しい天候になりました。明日の午後も雨が降るかもしれないという予報ですが、日曜日はドライコンディションになりそうです。そのため今日は、必要な時間だけコースに出て、ウエットコンディションでやっておかなければならない最低限の宿題をこなしました。午前も午後も、5周から6周を続けて走りましたが、とてもいい走りができたので、必要以上に周回するのは止めようと思いました」

Release

2014.09.12
San Marino provides first full wet day of 2014 season For the first time this season, the MotoGP riders have endured a fully wet day on track in both FP1 and FP2 at a very greasy Misano circuit.

PRESS RELEASE プレス向けニュース配信