MENU

HONDA

検索
Indianapolis 

Indianapolis

Result
  FP1 FP2 FP3 FP4 QP Race Standing
マルク・マルケス 5th 1st 6th 1st 1st 1st 1st
ダニ・ペドロサ 16th 5th 9th 6th 8th 4th 2nd
Report
マルケスが開幕10連勝を達成。ペドロサは4位でフィニッシュして総合2位をキープ

後半戦のスタートとなった第10戦インディアナポリスGPは、今季8度目のポールポジションを獲得したマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が、決勝でもすばらしい走りをみせて、開幕から10連勝を達成しました。オープニングラップは4番手。バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)、アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)、ホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)とトップグループを形成しました。2周目に3番手、6周目に2番手に浮上すると、トップを走るロッシをピタリとマーク。そして、11周目にロッシをかわしてトップに浮上すると、一気にペースを上げて後続を引き離しました。

この日は、気温も路面温度も、3日間で最も高く、タイヤのパフォーマンスを引き出すのが難しい一日となりました。しかし、序盤に慎重に走ってタイヤのフィーリングを確かめたマルケスは、徐々にペースを上げてライバルを突き放しました。これで開幕10連勝を達成。インディアナポリスGP4連覇を達成しました。

この優勝でマルケスは、1970年にジャコモ・アゴスチーニが記録した開幕10連勝という記録に並び、マイク・ヘイルウッドが1964年に24歳と94日で記録した史上最年少10連勝記録を21歳と146日で達成しました。これまで10連勝は、アゴスチーニ、ヘイルウッド、ジョン・サーティース、ミック・ドゥーハンが記録していますが、97年にドゥーハンがHondaで記録して以来の10連勝達成となりました。

チームメートで総合2位につける、ダニ・ペドロサが、予選8番手から4位でフィニッシュしました。オープニングラップで5番手だったペドロサは、2周目に6番手へとポジションを下げました。しかし、レース中盤にリズムをつかむと、アンドレア・イアンノーネ(ドゥカティ)、ドヴィツィオーゾをかわし、14周目に4番手に浮上しました。この時点では、マルケス、ロレンソ、ロッシのトップグループとは約1秒半の差でしたが、レース後半は思うようにペースを上げられず、トップグループにじりじりと引き離されての4位でした。10戦を終えてペドロサは総合2位のまま。Repsol Honda Teamの両選手が、総合ポイントで1-2をキープしました。

Comment

マルク・マルケス(MotoGP 優勝)
「サマーブレイク明けの最初のレースで優勝することはとても重要なことだったので、本当にうれしいです。まるで前半戦の続きのような結果ですが、実際は、正反対で、とても厳しく苦しいレースでした。今日は湿度が高く、フィジカル的にも厳しいレースで、汗をたくさんかきました。路面温度が10℃も上がり、タイヤを路面コンディションに合わせて機能させるのが難しかったです。昨日までのような安定感がなく、難しい走りを強いられました。最初はペースを上げられなかったのですが、次第にいいフィーリングになってペースを上げることができました。そして2秒のリードを広げて、優勝することができました」

ダニ・ペドロサ(MotoGP 4位)
「ウイークを通じて難しいレースになりました。いいセットアップを見つけられなかったし、最後までいいフィーリングを得ることができませんでした。レースでは、いくつかポジションを上げることができましたが、表彰台争いをするペースでは走れませんでした」

Release

2014.08.10
Marquez makes it a perfect ten at the Red Bull Indianapolis GP with Pedrosa 4th Repsol Honda's Marc Marquez has continued his perfect season and has become the first rider since Mick Doohan in 1997, also aboard a Repsol Honda machine, to win ten successive premier class GP races. Teammate Dani Pedrosa recovered from his eighth place position on the grid to take fourth place.

PRESS RELEASE プレス向けニュース配信