MENU

HONDA

検索
Germany 

Germany

Result
  FP1 FP2 FP3 FP4 QP Race Standing
マルク・マルケス 6th 2nd - - - - -
ダニ・ペドロサ 8th 9th - - - - -
Report
大接戦のフリー走行でマルケスが2番手、ブラドルが4番手、バウティスタが5番手とまずまずのスタートを切る

シーズン前半戦を締めくくる第9戦ドイツGPのフリー走行は、午前、午後ともにドライコンディションで行われましたが、雲の流れが速く、午後のセッションは、時折り小雨がぱらつく不安定な天候となりました。路面コンディションも完全ではなく、午前のセッションではマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が、午後の走行ではダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)が転倒を喫しました。

午前中、セッション開始直後の2コーナーでハイサイドを起こして転倒したマルケスは、幸い大きなケガはなく、ピットに戻り、スペアのマシンで走行を再開して6番手までポジションを上げました。そして、気温も路面温度も上がった午後の走行では、快調にラップを刻んで終始トップタイムをマーク。最後のアタック合戦で2番手へとポジションを落としましたが、開幕9連勝と、125ccクラス時代から続くドイツGP5連覇に向けて、順調なスタートを切りました。

昨年はフリー走行で転倒し、その影響で決勝をキャンセルしたペドロサは、路面コンディションがよくなかった1回目の走行では8番手と、慎重なスタートを切りました。午後のセッションでは、順調にタイムを上げていきますが、転倒を喫するなどし、最終的には10番手でこの日を終えました。しかし、転倒の原因ははっきりしており、不安もなく、2年ぶり5度目の最高峰クラスでのドイツGP優勝に向けて、充実の一日になりました。

Comment

マルク・マルケス(MotoGP 2番手)
「今日はとてもいい一日でした。転倒こそしましたが、幸いケガはありませんでした。しかし、転倒の衝撃は大きかったです。少し変な感じの転倒でしたが、あとでテレメトリーを見て、どうして転倒したのかを理解しました。2速で走る左コーナーだったのですが、たまたま、ブーツがシフトレバーに触っていました。そのために車速が上がってリアが滑り出して、というハイサイドでした。午後のセッションはとてもよかったです。再び快適に走ることができました。いいラップタイムを刻めましたが、それよりも力強いペースをキープできたのがよかったです」

ダニ・ペドロサ(MotoGP 10番手)
「今日はいろいろとテストをしたかったので、両セッションともにドライとなってよかったです。今日はかなりうまくいきました。感触もよかったです。しかし、転倒してしまいました。今日は、両セッションともにブレーキに問題がありました。そして、ダウンヒルのブレーキングポイントでプッシュしすぎて、転倒してしまいました。しかし、もう一台のマシンで再びコースに出て、午後のセッションを最後まで走り続けられたのでよかったです」

Release

2014.07.11
Tough first day in Germany for Marquez and Pedrosa The Repsol Honda Team have endured a tough start to the German GP in Sachsenring, with both Marc Marquez and Dani Pedrosa crashing.

PRESS RELEASE プレス向けニュース配信