MENU

HONDA

検索
Catalunya 

Catalunya

Result
  FP1 FP2 FP3 FP4 QP Race Standing
マルク・マルケス 7th 3rd 2nd 1st 3rd 1st 1st
ダニ・ペドロサ 6th 10th 4th 3rd 1st 3rd 3rd
Report
マルケスが開幕7連勝を達成。ペドロサが3位になり、Repsol Honda Teamの両選手がそろって表彰台に立つ

第7戦カタルニアGPは、マルク・マルケス、ダニ・ペドロサのRepsol Honda Team勢と、バレンティーノ・ロッシ、ホルヘ・ロレンソのヤマハ勢によるし烈な戦いになり、終盤にトップに立ったマルケスが、ペドロサとロッシの追撃を振りきって今季7勝目を達成しました。

今大会のマルケスは、予選では転倒を喫して3番手。昨年の最終戦バレンシアGPから続いていた連続ポールポジション(PP)記録は7でストップしましたが、レースタイヤでのロングランでは、優勝を狙えるペースを刻んでいました。その走りを決勝でも見事に再現したマルケスは、先行するロッシをピタリと追走、何度もポジションを入れ替える激しい戦いとなりました。終盤は、その2人の戦いにペドロサも加わります。まさに、緊張感あふれるバトルとなりましたが、20周目にトップに立ったマルケスは、高い集中力を発揮。ミスもなく25周のレースを走り抜きました。

この日、先に行われたMoto3とMoto2クラスのレースは、青空が広がる絶好のコンディションの中で行われました。しかし、MotoGPクラスは、雨雲が空を覆う微妙な天候となり、レース中には小雨がぱらつく不安定な天候でした。しかし、最後までドライコンディションで行われ、マルケスの今季7勝目は、2002年からスタートした4ストロークエンジンによるMotoGPにおいて、Hondaにとっての通算100勝目となりました。マルケスは記念すべき優勝をホームグランプリで果たしました。

今季初PPから優勝争いに加わったペドロサは、終盤、マルケスに迫りました。しかし、マルケスをなかなか抜けず、最終ラップには軽く接触してオーバーラン。2位から3位へとポジションを落としました。ペドロサは、第4戦スペインGPのあとに右腕の腕上がりの手術をしました。その影響で右腕が完全な調子ではなく、フランスGP、イタリアGPで表彰台を逃しましたが、ほぼ回復した今大会は、優勝争いに再び加わりました。

Comment

マルク・マルケス(MotoGP 優勝)
「今回の優勝はとてもうれしいです。このサーキットはこれまで、いつも難しいと感じていました。今週末はどれだけ大変だったかということが分かってもらえたんじゃないかと思います。今シーズン初めてポールポジションを逃しましたし、今年初めての転倒をしました。決勝はダニやホルヘ(ロレンソ)、バレンティーノ(ロッシ)とのバトルになり、とても大変でした。最後のいくつかのコーナーでは、バレンティーノやダニとのバトルがあり、本当にすごいレースになりました。今回もまた25ポイントを獲得でき、すべてのファンの前で弟(アレックス・マルケス)と同じ日に優勝することができて、とてもうれしいです。スペシャルな出来事でした」

ダニ・ペドロサ(MotoGP 3位)
「とてもいいレースで、大変なバトルとなりました。4人のライダーがトップグループを形成しました。オーバーテイクも多かったですし、とても激しいものでした。みんな本当に速かったです。最終的には3位ということで、最高の結果とはなりませんでしたが、全体的にはとても満足しています。全力で戦いました。体調もだいぶんよかったです。次戦に向けて、たくさんのことを学ぶことができました。予選とレース序盤には、トップを走りたいという願いがかないました。そしてレースでは最後にはマルクと優勝争いもできました。いいレースでした」

Release

2014.06.15
Marquez takes Honda’s 100th MotoGP win after thriller in Catalunya Repsol Honda’s Marc Marquez has continued his perfect season with his seventh consecutive win, marking Honda’s 100th victory since the introduction of the four-stroke MotoGP era, and has become just the second rider after Valentino Rossi to win seven successive MotoGP races since the category was introduced at the start of 2002.

PRESS RELEASE プレス向けニュース配信