MENU

HONDA

検索
Italy 

Italy

Result
  FP1 FP2 FP3 FP4 QP Race Standing
マルク・マルケス 1st - - - - - -
ダニ・ペドロサ 11th - - - - - -
Report
マルケスがトップタイム。6連勝に向けて絶好のスタートを切る

第6戦イタリアGPのフリー走行は、不安定な天候の中で行われ、午前中の1回目のセッションで、初日の総合順位が決まりました。午前は雲の多い天候となりましたが、なんとか持ちこたえて、ドライコンディションで行われました。しかし午後のセッションは、断続的に雨が降るあいにくの天候となり、ウエットコンディションとなりました。

トップタイムをマークしたのは、開幕戦から5連勝中のマルク・マルケス(Repsol Honda Team)で、セッション前半は慎重にタイムを短縮していきましたが、終盤は一気にペースを上げ、トップタイムをマークしました。2013年の大会では、フリー走行と決勝で転倒を喫し、悔しいレースとなりました。その雪辱に挑むことになったマルケスは、この一年間の成長を感じさせる快走をみせました。午後のセッションは、断続的に降る雨のためにほとんどの選手が走行をせず、マルケスも同様でした。2日目の予選では、開幕から6戦連続、昨年の最終戦バレンシアGPから7戦連続のポールポジション(PP)獲得に挑みます。

総合2位のダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)は、午前中の走行で思うようにセットアップが進まず、さらに、午後のセッションで雨が降ったため、11番手に終わりました。しかし、ムジェロ・サーキットを得意とするだけに2日目からの巻き返しは必至。予選では今季4度目のフロントローと初PP、そして決勝では、今季5度目の表彰台を狙います。

Comment

マルク・マルケス(MotoGP 1番手)
「今日は本当に楽しい一日になりました。このサーキットは、自分にとっては最も難しいサーキットでしたが、昨年の大会から一年が過ぎて、印象は完全に変わりました。午前中のセッションはフィーリングがよく、順調にセットアップが進みました。しかし、午後のセッションは、断続的に雨が降ったために、コースへは出ませんでした。ドライでもなくウエットでもないという中途半端なコンディションでした。今日は、とても快適でした。昨年と比べて大きく違っていましたし、気持ちよく走れました」

ダニ・ペドロサ(MotoGP 11番手)
「今日はあまりフィーリングがよくなく、しっかり走れたのは数ラップでした。そして午後のセッションは、スリックタイヤでは走れず、レインタイヤで走るほどではない中途半間なコンディションでしたので走りませんでした。いずれにしても、今日はセットアップを進められませんでした。今日の後れを取り戻さなけらばならないですし、明日のセッションが待ちきれません」

Release

2014.05.30
Marquez fastest with temperamental weather in Mugello Repsol Honda's Marc Marquez remains the main protagonist in Italy after setting the fastest time in this morning's FP1 session. However, with the threat of rain - and light spots falling on the track - in the afternoon, neither Marc or his teammate Dani Pedrosa went out, in fact only four riders took to the track, none of them improving times from this morning..

PRESS RELEASE プレス向けニュース配信