MENU
HONDA
検索

Round13エミリア・ロマーニャエミリア・ロマーニャGP

2020年11月1日(日)

イモラ・サーキット

第13戦 エミリア・ロマーニャGP

第13戦 エミリア・ロマーニャGP 決勝

イタリアのイモラ・サーキットで行われたエミリア・ロマーニャGPの決勝は、Scuderia AlphaTauri Hondaのダニール・クビアトが4位入賞を果たしました。一方、マックス・フェルスタッペンが2位走行中にリタイアを喫するなど、その他のHondaパワーユニット勢にとっては残念な結果となりました。

予選では4台全車がトップ8に入ったHondaパワーユニット勢は、3番グリッドのフェルスタッペンが好スタートを決め、ルイス・ハミルトン(メルセデス)をかわしてバルテッリ・ボッタス(メルセデス)に次ぐ2番手につけます。4番手からスタートしたピエール・ガスリーもハミルトンに並びかけましたが、前をふさがれる形となってポジションを下げ、ダニエル・リカルド(ルノー)に次ぐ5番手でレースを進めました。しかし、ガスリーはマシンに発生したラジエターのトラブルにより、レースを8周で終えることになりました。

6番手スタートのアレクサンダー・アルボンは、スタートで7番手にポジションを落としたものの、ガスリーのリタイアによって再び6番手に復帰。前を行くシャルル・ルクレール(フェラーリ)がアンダーカットを狙って早めのピットインを行い、これに反応する形で14周目にピットへ。アルボンの直後を走っていたクビアトも同様にピットインし、2人は実質6番手と7番手でコースへ復帰します。

イモラはオーバーテイクが難しいことで知られていますが、その中でもフェルスタッペンはボッタスへプレッシャーをかけ続けます。すると、43周目にボッタスがわずかにコースオフして体勢を崩し、その隙を逃さずにタンブレロで仕掛けたフェルスタッペンは、2番手にポジションアップします。

オーバーテイク後、フェルスタッペンはハミルトンに匹敵するペースを見せますが、ボッタスに前をふさがれていた間に10秒以上のリードを築かれており、ゴールまで2番手をキープするかに見えましたが、突如右リアタイヤがバーストしてリタイアとなりました。これによってセーフティカーが出動。アルボンはコース上に留まることを選択しますが、クビアトはピットインしてソフトタイヤに履き替えます。

残り6周でのリスタートとなりましたが、クビアトはソフトタイヤの利を活かして、セルジオ・ペレス(レーシングポイント)とアルボンをオーバーテイク。5番手にポジションを上げます。アルボンはセーフティカー走行中にタイヤが冷えていた中で、ペレスのアタックを防ごうとしましたが、不運にもスピンを喫し、最後尾の15番手にポジションを落としてしまいます。

次戦は2週間後の11月15日(日)決勝のトルコGPが、イスタンブール・パークで開催されます。

コメント

田辺豊治 | HONDA F1テクニカルディレクター
「今日のレースは、全体として我々にとって大変フラストレーションの溜まる結果となりました。唯一、Scuderia AlphaTauri Hondaのクビアト選手が、レース終盤にセーフティカーで得たチャンスを逃さず、力強い走りによりホームレースでの4位入賞を果たしてくれたことがポジティブな結果です。昨日の予選まで両チームともに速さを見せられていただけに、2位を走行していたAston Martin Red Bull Racingのフェルスタッペン選手と、4番グリッドからスタートしたScuderia AlphaTauriのガスリー選手がリタイアによりレースを終えたことは非常に残念に思っています。フェルスタッペン選手についてはタイヤのトラブル、ガスリー選手についてはラジエターの破損がリタイアの原因です。最後に、今シーズンのコンストラクターズタイトルを獲得したメルセデスに祝福の言葉を贈りたいと思います。本当に強いチームですが、我々も彼らに追いつき、追い越すためにこれからもプッシュを続けます。気持ちを入れ替えて、次戦の行われるイスタンブールに向かいたいと思います」

ダニール・クビアト
「とても楽しく実りあるレースでした。マシンの感触は素晴らしく、大いに走りを楽しみました!セーフティカーからのリスタートがとても重要で、そのラップでいくつもオーバーテイクを決めました。最後までダニエル(リカルド)をパスしようとかなりハードにプッシュしましたが、彼はタイヤをうまく温めていたので、残念ながら表彰台には届きませんでした。ただ、今日のドライビングには満足していますし、チームの仕事ぶりにもハッピーです。コンストラクターズランキングでフェラーリとの差が少しだけ縮まっているので、最後まで戦えればと思います」

アレクサンダー・アルボン
「最後尾でのフィニッシュとなりましたが、これが今日の実力を表したものではありません。トリッキーなレースで、またもトレイン状態の中で走行する展開となってしまいました。リスタートで何が起きたのか、まだきちんと把握していません。タイヤが冷えていて、セーフティカー走行中にピットインしたマシンを抑えるためにハードにプッシュする必要があったのですが、そこでスピンを喫してしまいました。だれかと接触したのかもしれませんが、はっきりしたことはわかっていません。わずかな間で起こったことでした。結果論になりますが、違うやり方もあったのではないかと思います。最終的に上位でフィニッシュしたマシンのように、あのときピットインしてソフトに交換しておけば、よい結果が得られた可能性もあります。これは明らかに望んでいた結果ではありませんが、次のトルコに切り替えていきます。マシンの感触はよかったですし、土曜日の走行が改善できたので、いい結果を目指したいです」

マックス・フェルスタッペン
マックス・フェルスタッペン「スタートがよく、メルセデスの2台とのバトルを楽しむことができました。ルイス(ハミルトン)をスタートでかわし、早めにピットインしましたが、それにバルテッリ(ボッタス)も反応してきました。彼はマシンにダメージを負っており、ピット後に前を抑えられる形となって、クリーンエアで走っていたルイスに差を広げられてしまいました。バルテッリをパスしてからは、ペースがあってマシンの感触もよかったです。とても楽しく走れていたのですが、ストレートでタイヤに問題が発生し、コントロールを失いました。あのままいけば2位に入ってまた表彰台に上がれていたので、本当に残念です。こうしたことは起こるものですし、0ポイントは全く望んでいたものではないのですが、レース自体はとてもポジティブでした」

ピエール・ガスリー
ピエール・ガスリー「この結果は受け止めるのがなかなか難しいです。スタートは素晴らしく、ルイス(ハミルトン)に並びかけたのですが、彼はスペースを厳しく閉じてきたので、スピードを落とさざるを得ず、ダニエル(リカルド)の後ろにつく形となりました。ただ、その後マシンの感触は本当によく、5番手につけていました。レース前のレコノサンスラップで水圧低下が見つかり、チームは解決するために全力を尽くしてくれましたが、序盤の数周でリタイアすることになりました。今日の僕らには大きなチャンスがあったので、とても悲しいです。レースウイークを通じて調子がよく、フリー走行でも予選でもベストリザルトを記録しており、マシンは最初からとても力強く感じられました。いつでもリタイアはいいものではありませんが、特にここイモラはホームレースでしたし、トップ5に入れるポテンシャルがあっただけになおさらです」

決勝 リザルト

順位 No. ドライバー チーム 周回数 タイム/差
144ルイス・ハミルトンMercedes631:28'32.430
277バルテッリ・ボッタスMercedes63+5.783
33ダニエル・リカルドRenault63+14.320
426ダニール・クビアトScuderia Alphatauri Honda63+15.141
516シャルル・ルクレールFerrari63+19.111
611セルジオ・ペレスRacing Point63+19.652
755カルロス・サインツJr.McLaren63+20.230
84ランド・ノリスMcLaren63+21.131
97キミ・ライコネンAlfa Romeo63+22.224
1099アントニオ・ジョヴィナッツィAlfa Romeo63+26.398
116ニコラス・ラティフィWilliams63+27.135
125セバスチャン・ベッテルFerrari63+28.453
1318ランス・ストロールRacing Point63+29.163
148ロマン・グロージャンHaas63+32.935
1523アレクサンダー・アルボンAston Martin Red Bull Racing63+57.284
NC63ジョージ・ラッセルWilliams51DNF
NC33マックス・フェルスタッペンAston Martin Red Bull Racing50DNF
NC20ケビン・マグヌッセンHaas47DNF
NC31エステバン・オコンRenault27DNF
NC10ピエール・ガスリーScuderia Alphatauri Honda8DNF

フォトギャラリー

モータースポーツ >  フォーミュラ・ワン世界選手権 >  2020 第13戦 エミリア・ロマーニャGP 決勝

ニュース