MENU
HONDA
検索

Round14トルコトルコGP

2020年11月12日(木)

イスタンブール・パーク

第14戦 トルコGP

第14戦 トルコGP プレビュー

7月に開幕して以来、短いスパンでレースを開催してきた異例のシーズンも残り4戦。今週末は2011年以来のF1開催となるトルコGPです。

今年のレースカレンダーは、コロナ禍の影響により、年初に計画されていたものから大きく見直しが図られました。改訂されたカレンダーには、かつてF1が行われていたサーキットや、F1初開催となるサーキットが計5会場含まれており、今回のトルコ・イスタンブール・パークもその一つです。

2005年から2011年までF1グランプリが開催されてきたイスタンブール・パークは、ヘルマン・ティルケ氏によって設計され、5.4kmの全長に14個のコーナーを持つ近代的なサーキットです。

世界各地にある名の知れたサーキットのコーナーのデザインをオマージュしていることで知られており、アメリカのラグナ・セカ・サーキットの“コークスクリュー”を模したターン1や、ニュルブルクリンクの旧サーキットの一部にも似た複数の頂点を持つ長いコーナーのターン8などが配されています。

前戦のエミリア・ロマーニャGPでは、Scuderia AlphaTauri Hondaのクビアト選手が4位入賞という結果はあったものの、Hondaとしては開幕戦以来11戦ぶりに表彰台を逃した悔しいレースになりました。

シーズン終盤に向けて今回のレースでも巻き返しを期して、今回は4名のドライバー全員が好結果を残せるようにチャレンジを続けていきます。

コメント

田辺豊治 | HONDA F1テクニカルディレクター
「今週末は、アジアと欧州の間にあたるトルコでのレース開催となります。
レースが行われるイスタンブール・パークはイスタンブール郊外にあり、アップダウンがある地形の中に低速から高速まで様々なコーナーを配した近代的なサーキットです。また、前戦のイモラと同様に反時計回りであることも特徴の一つです。
以前、このサーキットでは2005年から2011年までF1が開催されており、Hondaとしても2005年から2008年まで4回のレースに出場しています。今回は2011年以来の開催となり、現行ハイブリッドレギュレーションでの初走行となります。
今年ここまでいくつかレースをしてきた現行レギュレーション下初のサーキットと同じく、ここでも事前のシミュレーションと金曜のプラクティスセッションが大切になりますので、これまでの経験も踏まえた上で最適化を進めていきます。
先日のイモラでのレース結果はリタイアなど残念な部分がありましたが、ここ数戦2つのチームともにマシンに速さが見られており、対他競争力という点ではいい流れができていると感じています。
今週は気持ちを入れ替えて、速さを確実に結果に繋げていけるように準備をして臨みます」

マックス・フェルスタッペン
マックス・フェルスタッペン「「新たなサーキットへ行くのがとても楽しみです。今季はこうしたサーキットがシーズンをよりエキサイティングなものにしています。僕は初めてイスタンブール・パークへ行くのですが、ほかにも行ったことのないドライバーが何人いるのかは分かりません。ただ、もし経験のあるドライバーがいたとしても、かなり前のことなので、大きなアドバンテージにはならないと思います。地元の料理を食べるのも楽しみで、ケバブはなかなか美味しいと聞いています!

ここはかなりの高速サーキットで、シミュレーターでは一周すべてがとても楽しめました。オーバーテイクもできそうです。ストレートが多くコーナーの幅も広いので、さまざまなラインを取ることができて面白いはずです。とはいえ、たくさんオーバーテイクが必要な状況にはならないことを願っています(笑)

Red Bull Racingはここで300戦目を迎えますが、これはチームによる素晴らしい節目です。また、僕のフロントエンド担当メカニックであるオーレと、ストラテジストのウィルが、参戦当初からチームにいるというのもすごいことです。オーレとクリスティアン(ホーナー代表)が一度も欠場していないのも信じられません。16年以上もです!

イモラのレースはうまくいきませんでしたが、起きてしまったことはしょうがないですし、僕らが結果を変えるためにできることはありませんでした。最終戦まで、できるだけメルセデス勢に近づき、彼らに対してプッシュできるように挑み続けます。ピットクルーはシーズンを通じて最高の仕事をしてくれていますし、それがレースでのアドバンテージにもなっています。ここまで僕らは全レースで最速ピットストップを獲得していると思いますが、とても素晴らしいことです」

アレクサンダー・アルボン
アレクサンダー・アルボン「イモラでは2日間開催を楽しみました。来年はさらにレース数が増えるので、2日間フォーマットについてもっと検討すべきではないかと思います。もちろん、フリー走行は慌ただしくなりますが、それも楽しいものなので、このフォーマット導入を増やすべきと考えています。土曜日はさまざまなことに取り組み、万事うまくいきましたし、こうした短時間での準備に必要なことはすべてこなせたのは、ポジティブなことでした。2日間開催になれば、メカニックは1日多く家にいることができますしね!ただ、僕にとってはやや厳しい週末となってしまいました。予選は悪くなかったのですが、マシンバランスと快適性に少し苦しみ、ポテンシャルをフルに引き出すことができませんでした。

今年はいくつか新しいサーキットを経験していますが、どれも素晴らしいものです。ただ、F1はどうレースをするかを考えたほうがいいと思います。今年訪れた新たなサーキットはとても楽しく、レギュラーで開催されるところよりも好きな場所があるのは確かです。ただ、ポルティマオは異なるレイアウトを選択したほうが、オーバーテイクが増えてもっとよくなったと思いますし、イモラもそうかもしれません。

トルコには行ったことがないので、新たな体験を楽しみにしています。コースはオンラインで走った経験はありますし、子どもの頃にTVでF1レースが開催されるのを見たことがあります。印象的に映りましたし、オーバーテイクのできる場所もいくつかあるように見えます。コースは僕らのマシンと相性がいいのではないかと思いますが、パワーも求められそうです。コースに出るのが楽しみですし、いくつか新たなアイテムを試すので、マシンのチューニングをしてどうなるか見てみたいです。

過去のデータを見てマシンのパフォーマンスを理解しましたが、当時のイスタンブールで僕らは正しい取り組みをしていたということなので、それが今回も役立てばと思っています。もちろん、今年のマシンは当時と大きく変わっていますし、路面の再舗装もされているので、状況は異なりますが、僕たちドライバーにとっては、(当時のドライバーだった)セバスチャン(ベッテル)とマーク(ウェバー)の残したサーキットについてのコメントを見返して、どう向上していったのかを見ることが助けになると思います」

ピエール・ガスリー
ピエール・ガスリー「前戦のイモラは悔しいレースになりました。フリー走行で調子がよく、予選では自己ベストタイのリザルトでした。決勝でもいいリザルトが狙えたので、リタイアせざるを得なかったのは残念ですが、そういうことが起こるのがレースだと思っています。

来年もScuderia AlphaTauri Hondaで走ることは、先日の発表の前から聞いていました。いいチームですし、相性がよく、いいシーズンを送れているので、これからも彼らと一緒に仕事ができることを嬉しく思っています。今は、今季残りの4戦に向けて集中していますが、来年に向けて活かせることも多いですし、残りのレースは来年に向けた準備としても重要です。

トルコの前には短い休暇がありました。できるだけ自宅でトレーニングを行い、ジムに行く場合もコロナ感染予防を欠かしませんでした。イスタンブールはそのGにより首への負担が大きいサーキットと言われていますが、今はキャリアで一番身体が仕上がっているので、心配はしていません。コロナ感染拡大防止のための制限が増える中で普通の生活を送ること自体が大変になってきていますが、ルールを守ってこのままきっちりシーズン終了まで戦い抜きたいです。

多くのドライバーと同じように、イスタンブールのサーキットを走るのは初めてなので、まずはサーキットを知ることから始めます。面白そうなレイアウトなので、実際に走るのが楽しみです。シミュレーターで走る機会がありましたが、長い左カーブのターン8など、ユニークなコーナーがあります。ブラインドパートがあるセクター1も面白そうです。また、勾配の変化やブレーキングとコーナーリングで縦と横から負荷がかかるコーナーも多くあります。複雑なコースですが、コーナーが多くリズムが必要なコースが好きなので、楽しめると思います。いいリザルトを狙うチャンスだと思っています」

ダニール・クビアト
ダニール・クビアト「イモラでのレース後の夜、モナコの自宅まで車で帰ったので、4位という結果をかみしめる時間をたくさん取れました。いい結果を出せて満足しています。いい一日でしたし、コンストラクターズタイトル争いの面でも、チームのホームレースでいい結果を出すことが重要でした。レースウイークを通して速かったのは、シーズン終盤の戦いでいいサインです。セーフティカー後の再スタートもうまくいき、表彰台まであと一歩というところでした。十分いい結果だと思いますし、誇りに思います。

トルコを含め、今シーズン残り4戦です。コロナ感染予防には細心の注意を払っています。感染したら大変なので、ここからも消毒、ソーシャルディスタンスの確保、マスクの着用を続けていきます。

イスタンブールでは他のカテゴリーも含めて一度も走ったことがないですし、コロナ感染拡大の状況でシミュレーターでも試せていないので、まったくのゼロからのスタートになります。コースレイアウトは分かっていますし、昔のレースの映像は観たことがあります。また、イモラのように反時計回りであること、勾配が多いこと、長くて有名なターン8があることは知っています。今のF1マシンのダウンフォースを考えると、高速で注意が必要なコーナーになるでしょう。スパ・フランコルシャンやインテルラゴス・サーキットに似たコーナーもあり、面白いレースウイークになると思います。実は幼少のころ、家族旅行でトルコに行ったことがあります。海沿いの温暖な気候、おいしい料理、地元の人々との交流を楽しんだことを覚えています」

フォトギャラリー

ニュース