MENU
HONDA
検索

Round13エミリア・ロマーニャエミリア・ロマーニャGP

2020年10月31日(土)

イモラ・サーキット

第13戦 エミリア・ロマーニャGP

第13戦 エミリア・ロマーニャGP 予選

イモラ・サーキットで開催されているエミリア・ロマーニャGPの初日の土曜日、Honda PUを搭載したAston Martin Red Bull RacingとScuderia AlphaTauri Hondaの4台は、1日を通して全てのセッションでトップ10入りを果たし、好調ぶりを見せました。

2日開催という変則的な開催形式のエミリア・ロマーニャGPは、予選前の唯一の走行機会となる90分間のFPからはじまり、チームは慌ただしく予選へ向けての準備を進めることになりました。 Scuderia AlphaTauriがいいペースを見せたFPでは、フェルスタッペンが2番手、ガスリーは4番手、続いてクビアトが8番手、アルボンは9番手となり、Honda PUを搭載した4台全てが9番手以内という結果を納めました。

金曜の走行がなかったため予選開始の路面はまだ十分にラバーがのっていなかったものの、4人のドライバーは無事にQ1を突破しQ2へと進出しました。 Q2ではフェルスタッペンが電装系パーツの交換が必要になるトラブルが発生。チームとHondaのメカニックによる素晴らしい働きにより、マシンをギリギリのところでコース上に復帰させることに成功しました。

アタックラップ1周のみのチャンスにも関わらず、フェルスタッペンはミディアムタイヤで素晴らしい走りを見せ、6番手をマークしQ3進出を叶えたと同時に、決勝はミディアムタイヤでのスタートとなりました。

スピンしてしまったアルボンは、最後に残された1周のチャンスをQ3へと繋げるため、ソフトタイヤを使用し4番手をマークしました。アルボンの1つ前のポジションでQ2を突破したガスリーも力強さを見せたセッションとなり、チームメートのクビアトも8番手でQ3進出となりました。Scuderia AlphaTauriの2台はソフトタイヤを使用していたため、決勝はソフトタイヤでのスタートとなります。4台全てがトップ10入りすることができたのは、昨シーズンのメキシコGP以来となりました。

メルセデス勢に迫る勢いをみせたフェルスタッペンは、Q3の最後に大きくタイムアップをし、3番手グリッドを獲得しました。同じく2列目からスタートするのはF1キャリアベストタイの素晴らしい予選結果だったガスリーで、決勝グリッド4番手を獲得することができました。予選4番手は、Hondaが2018年にToro Rosso(現Scuderia AlphaTauri)とのパートナーシップ締結以降での予選最高位となります。

アルボンはグリッド6番手を獲得し、僅か0.2秒に満たない差で8番手となったクビアトは、今シーズンの予選ベストリザルトを納めることができました。

コメント

田辺豊治 | HONDA F1テクニカルディレクター
「2日間開催となったエミリア・ロマーニャGP初日は、午前中のフリープラクティス90分でマシンとPUの最適化を行い、午後には予選を戦うという忙しい一日になりました。短時間でセットアップを煮詰めなければならず、車体・PUともに事前の準備も含めて簡単ではありませんでした。

そのような中でも、午後の予選ではホームグランプリとなったScuderia AlphaTauri Hondaの2台がそろって今季ベストリザルトを獲得し、Hondaとしても昨年のメキシコGPの以来の4台揃ってQ3進出と、いい結果を残すことができました。

Aston Martin Red Bull Racingのフェルスタッペン選手は、Q2で電装系のトラブルにより部品交換を余儀なくされ1度のみのタイムアタックになりましたが、きっちりQ3進出を果たして3番グリッドを獲得。作業に当たったチームとHondaのメカニックがいい仕事をしてくれました。Scuderia AlphaTauriのガスリー選手はここのところの好調を維持し自身のキャリア最高に並ぶ4番手獲得と、素晴らしい走りでした。

明日、Honda PUを搭載した2台のマシンが2列目のグリッドからレースをスタートすることを楽しみにしています。

また、Red Bull Racingのアルボン選手が6番手、Scuderia AlphaTauriのクビアト選手が今年初のQ3進出で8番手と、それぞれ明日に向けて期待を持てる結果になりました。

4台入賞が可能なポジションですので、きっちりとレースを走り切り、2チームともにポジティブな結果で終われるようにここからも最大限プッシュを続けていきます」

マックス・フェルスタッペン
マックス・フェルスタッペン「Q2で起きたトラブルでリズムが崩れ、若干慌ただしい予選でした。いつもなら予選では、あとどれぐらいタイムアップができそうかが分かっていて、それに向けて徐々にペースを上げていけるのですが、今日はそうもいきませんでした。なぜならQ2でミディアムタイヤを装着した状態で、Q3進出を賭けてたったの1周で決めなくてはならなかったのです。そのあとのQ3では、ソフトタイヤでの情報が少なかったため前半は少し苦戦をしました。3番手という結果は僕たちが叶えることができた最高位の結果だったと思います。メルセデス勢に勝てるとは思ってはいませんでしたが、もしスムーズに予選を進められていれば、その差はもっと縮めることができたのではないかと思います。セッション後にメカニックたちには感謝を伝えました。再び彼らの素晴らしい作業に助けられ、無事にQ2に戻ることができました。例え不可能な状況に見える時でも、彼らはいつもベストを尽くしてくれて、とても誇りに思います。このサーキットは走るのがとても楽しいコースです。F1マシンが走行するには狭いサーキットなのではと思いましたが、そんなことはなかったようです。明日はいいレースができるよう願っています」

ピエール・ガスリー
「今朝はとても忙しいセッションからスタートしました。たった1時間30分という短いFPで、カバーしなくてはならないことがとても多かったのですが、走り出し1周目からマシンのバランスや感触はとてもよかったです。日曜日の決勝中のタイヤの摩耗具合を予測するため、何周かロングランを走行しました。終盤にはソフトタイヤでいいパフォーマンスを見つけ出すことができました。十分に戦える感触があったので、予選には自信を持って挑むことができました。ここに来る前にも言いましたが、このサーキットはとても素晴らしいサーキットです。予選で少ない燃料搭載量で走った時の感覚は、本当に素晴らしかったですし、僕のF1キャリアで一番の予選アタックをすることができました。僕のキャリア最高位となる決勝スタートグリッド4番手を、このイモラ・サーキットで獲得することができとても嬉しいです。チームはここイタリアで速さをみせることができています! 決勝レースでの課題は多くありますが、メルセデス勢とマックス(フェルスタッペン)の背後というとてもいいポジションからのスタートとなるので、まずはスタートでポジションをキープし決勝を進めていきたいと思います。セッションのタイムシートを見ると決勝は僅差の争いとなりそうなので、今からとても楽しみです」

アレクサンダー・アルボン
アレクサンダー・アルボン「とても僅差の予選で、僅か0.1秒の差で4番手を逃し、6番手という結果になりました。総合的に悪くない予選セッションでしたし、6番手スタートからいいレースにしていけると思います。予選は最初難しかったのですが、徐々にコンディションはよくなっていきました。Q3でトラックリミットをオーバーし、タイムが抹消となってしまいました。Q3のファイナルラップは常にリスクとチャンスと背中合わせです。もしあの時タイムをすでに出せていたら、リスクを負ってさらにプッシュをしていたと思いますが、そこまでタイムを伸ばすことができませんでした。狭いコース幅とタイヤのデグラデーションによって、明日の決勝でのオーバーテイクは難しいかもしれません。しかし、皆にとって新しいサーキットであり、誰にとっても未知数なことばかりだと思うので、明日の決勝がどうなるか楽しみです」

ダニール・クビアト
ダニール・クビアト「予想していたとおり、今朝のFPはとても忙しい時間になりました。リズムを掴むために、走行を重ね色々なことを試しました。予選での自分のラップには満足しています。とても僅差の戦いとなり、セッション終盤でのマージンはさほどありませんでした。0.15秒ほどミスをしなければ、もっといい結果となったはずですが、それでもこの予選での自分の走行には文句はありません。今日の走行から、トラックリミットには注意しなくてはならないと思いました。グラベルまでワイドにはみ出してしまうとペナルティーとなるオールドスクールなサーキットは、僕自身好きなタイプのコースです。Q3ではようやくリミットギリギリまで攻めることができました。明日のスタートポジションはいいチャンスとなるので、最大に活かして結果に結びつけられるよう、明日の決勝ではベストを尽くして戦います」

リザルト

フリー走行1

順位 No. ドライバー チーム タイム/差
144ルイス・ハミルトンMercedes1'14.726
233マックス・フェルスタッペンAston Martin Red Bull Racing+0.297
377バルテッリ・ボッタスMercedes+0.492
410ピエール・ガスリーScuderia Alphatauri Honda+0.907
516シャルル・ルクレールFerrari+0.962
63ダニエル・リカルドRenault+1.113
731エステバン・オコンRenault+1.219
826ダニール・クビアトScuderia Alphatauri Honda+1.240
923アレクサンダー・アルボンAston Martin Red Bull Racing+1.335
1018ランス・ストロールRacing Point+1.356
1111セルジオ・ペレスRacing Point+1.383
125セバスチャン・ベッテルFerrari+1.441
138ロマン・グロージャンHaas+1.824
1455カルロス・サインツJr.McLaren+1.834
1599アントニオ・ジョヴィナッツィAlfa Romeo+1.838
164ランド・ノリスMcLaren+1.945
177キミ・ライコネンAlfa Romeo+1.958
1863ジョージ・ラッセルWilliams+2.054
1920ケビン・マグヌッセンHaas+2.334
206ニコラス・ラティフィWilliams+3.053

予選

順位 No. ドライバー チーム Q1 Q2 Q3
177バルテッリ・ボッタスMercedes1'14.2211'14.5851'13.609
244ルイス・ハミルトンMercedes1'14.2291'14.6431'13.706
333マックス・フェルスタッペンAston Martin Red Bull Racing1'15.0341'14.9741'14.176
410ピエール・ガスリーScuderia Alphatauri Honda1'15.1831'14.6811'14.502
53ダニエル・リカルドRenault1'15.4741'14.9531'14.520
623アレクサンダー・アルボンAston Martin Red Bull Racing1'15.4021'14.7451'14.572
716シャルル・ルクレールFerrari1'15.1231'15.0171'14.616
826ダニール・クビアトScuderia Alphatauri Honda1'15.4121'15.0221'14.696
94ランド・ノリスMcLaren1'15.2741'15.0511'14.814
1055カルロス・サインツJr.McLaren1'15.5281'15.0271'14.911
1111セルジオ・ペレスRacing Point1'15.4071'15.061
1231エステバン・オコンRenault1'15.3521'15.201
1363ジョージ・ラッセルWilliams1'15.7601'15.323
145セバスチャン・ベッテルFerrari1'15.5711'15.385
1518ランス・ストロールRacing Point1'15.8221'15.494
168ロマン・グロージャンHaas1'15.918
1720ケビン・マグヌッセンHaas1'15.939
187キミ・ライコネンAlfa Romeo1'15.953
196ニコラス・ラティフィWilliams1'15.987
2099アントニオ・ジョヴィナッツィAlfa Romeo1'16.208

フォトギャラリー

モータースポーツ >  フォーミュラ・ワン世界選手権 >  2020 第13戦 エミリア・ロマーニャGP 予選

ニュース