MENU
HONDA
検索

Round06モナコモナコGP

2019.05.25(土)

モンテカルロ市街地コース

第6戦 モナコGP

第6戦 モナコGP 予選

今日の予選では、Honda勢の4台全てが今季初めて予選Q3に進出するなど、明日のレースに向けて力強いリザルトを獲得しました。

Aston Martin Red Bull Racingはトップに近いところで予選を続け、Q2ではマックス・フェルスタッペンがトップタイムを記録。しかしながら、Q3では若干のトラフィックなどの影響もあり、明日のレースはメルセデスの2台に次ぐ3番グリッドからスタートすることになりました。

一方のピエール・ガスリーは4番手のセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)からわずか0.1秒及ばず5番手を獲得しましたが、Q2にて他車の走行を妨害したことによるペナルティーで予選後に3グリッド降格が決定。明日は8番グリッドからスタートします。

週末を通していいパフォーマンスを見せてきたRed Bull Toro Rosso HondaはQ1とQ2でも力強い走りを見せ、2台がQ3進出。ダニール・クビアトのQ3のタイムは5番手のガスリーに対して0.2秒及ばないのみでしたが、僅差の争いだったために8番手タイム。その後のガスリーのグリッド降格によりレースは7番グリッドからスタートします。

初めてのQ3進出となったアレクサンダー・アルボンは10番グリッドを獲得しました。

コメント

田辺豊治 | HONDA F1テクニカルディレクター
「グリッドポジションが重要となるモナコGPで、今年初めての4台全てQ3進出、フェルスタッペン選手の3番グリッド獲得など、レースに向けてポジティブな予選結果になりました。いいパフォーマンスを見せたドライバーはもちろんですが、ここまでマシンを仕上げてくれた両チームに感謝しています。PUとしてもドライバビリティが重要になるこのサーキットでセッティングを合わせ込むことができました。明日は78周と長いレースになりますし、ストリートサーキットですので様々なことが起こりうるため、今晩さらに分析を進めてあらゆる事態に備えます。レースでは、まずは4台がきちんと完走し、いいレース結果を得られればと思っています」

アレクサンダー・アルボン
「初めてのQ3進出はうれしいのですが、木曜のフリー走行のようにいいリズムで走ることができず、簡単ではありませんでした。タイヤをうまく温められず、セッションの大部分で後方にいました。セクター3で遅れてしまったことでタイヤが冷えてしまい、1コーナーの飛び込みに自信がありませんでした。しかし、モナコで10番手というのはいい結果につながると思うので、満足しています」

ダニール・クビアト
「今日の予選にはとても満足しています。僕とエンジニア達との間で、すばらしいチームワークを発揮できた結果だと思います。木曜日のフリー走行で感触がよくなかった部分をチームがしっかり分析し、僕がいいパフォーマンスを発揮できるよう、求めていた通りのセットアップにしてくれました。3戦連続でQ3進出となったので、自分のパフォーマンスに満足しています。明日も予選の結果を活かして、ポイントを獲得できたらと思います」

ピエール・ガスリー
「5番手に入れて、かなりいい予選だったと思います。あと0.1秒で4番手のセバスチャン(ベッテル)を超えられたのですが、すべてのセクターをうまくまとめることができず、予選のラップにはあまり満足していません。パフォーマンスがよくなっているように見えますし、まだまだ上を目指せると思います。エンジニアと協力して、限界まで攻められるマシンのバランスを見つけられるよう努力しています。明日は雨が降る可能性がありますが、本当に降るならば降ってくれてもいいかなと思っています。ここで雨が降れば面白い展開になるでしょう。ロングランではかなりいいペースなのですが、このサーキットで順位を上げる最大のチャンスはスタートだと思うので、そこで上位に上がれればと考えています。」

※ ピエール・ガスリーは予選後の裁定により3グリッド降格で決勝をスタートします

マックス・フェルスタッペン
マックス・フェルスタッペン「エキサイティングな予選でしたし、3番グリッドは今の僕たちの力を最大限に出し切った上でのリザルトでした。チーム全員が非常に頑張って仕事をしてくれていたので、この結果を喜んでくれていたらと思いますし特にメカニックはすばらしい仕事をしてくれました。もちろん、レーシングドライバーとしてはポールポジションをとりたいところですが、現実をしっかり見なくてはいけません。Q2ではトップタイムになれてよかったですが、メルセデス勢にはまだ余裕があると分かっていました。Q3ではタイヤを温めきれず、タイムロスをしてしまいました。ただ、どちらにせよフロントローに並ぶには実力が足りていなかったと思います。全体的にマシンの調子はいですし、さらなる改善のためにプッシュし続けていきます。このコースでオーバーテイクをするのは難しいので、レースで順位を上げることは非常に困難でしょう。しかし、メルセデス勢の近くにとどまっていられれば、戦略しだいでチャンスがあると思います。レースでどんな展開になろうと、最高の結果を得るために一生懸命努力します」

リザルト

フリー走行3

順位 No. ドライバー チーム タイム/差
116シャルル・ルクレールFerrari1'11.265
277バルテッリ・ボッタスMercedes+0.053
344ルイス・ハミルトンMercedes+0.213
433マックス・フェルスタッペンAston Martin Red Bull Racing+0.274
510ピエール・ガスリーAston Martin Red Bull Racing+0.473
699アントニオ・ジョヴィナッツィAlfa Romeo+0.905
726ダニール・クビアトRed Bull Toro Rosso Honda+0.929
820ケビン・マグヌッセンHaas+1.005
97キミ・ライコネンAlfa Romeo+1.043
1023アレクサンダー・アルボンRed Bull Toro Rosso Honda+1.073
1127ニコ・ヒュルケンベルグRenault+1.224
123ダニエル・リカルドRenault+1.254
138ロマン・グロージャンHaas+1.301
145セバスチャン・ベッテルFerrari+1.318
1555カルロス・サインツJr.McLaren+1.597
164ランド・ノリスMcLaren+1.649
1711セルジオ・ペレスRacing Point+1.967
1818ランス・ストロールRacing Point+2.357
1988ロバート・クビサWilliams+2.821
2063ジョージ・ラッセルWilliams+3.040

予選

順位 No. ドライバー チーム Q1 Q2 Q3
144ルイス・ハミルトンMercedes1'11.5421'10.8351'10.166
277バルテッリ・ボッタスMercedes1'11.5621'10.7011'10.252
333マックス・フェルスタッペンAston Martin Red Bull Racing1'11.5971'10.6181'10.641
45セバスチャン・ベッテルFerrari1'11.4341'11.2271'10.947
510ピエール・ガスリーAston Martin Red Bull Racing1'11.7401'11.4571'11.041
620ケビン・マグヌッセンHaas1'11.8651'11.3631'11.109
73ダニエル・リカルドRenault1'11.7671'11.5431'11.218
826ダニール・クビアトRed Bull Toro Rosso Honda1'11.6021'11.4121'11.271
955カルロス・サインツJr.McLaren1'11.8721'11.6081'11.417
1023アレクサンダー・アルボンRed Bull Toro Rosso Honda1'12.0071'11.4291'11.653
1127ニコ・ヒュルケンベルグRenault1'12.0971'11.670
124ランド・ノリスMcLaren1'11.8451'11.724
138ロマン・グロージャンHaas1'11.8371'12.027
147キミ・ライコネンAlfa Romeo1'11.9931'12.115
1599アントニオ・ジョヴィナッツィAlfa Romeo1'11.9761'12.185
1616シャルル・ルクレールFerrari1'12.149
1711セルジオ・ペレスRacing Point1'12.233
1818ランス・ストロールRacing Point1'12.846
1963ジョージ・ラッセルWilliams1'13.477
2088ロバート・クビサWilliams1'13.751

フォトギャラリー

ニュース