MENU

HONDA

検索
Formula 1
モータースポーツ > F1世界選手権 > 第17戦 ブラジルGP 予選
レース
ブラジル 第17戦 9月25日
ブラジルGP
グランプリ情報 プレビュー
フリー走行 予選 決勝 フォトギャラリー
リザルト
グランプリ情報
Rd. Date
01 3/6 オーストラリアGP
02 3/20 マレーシアGP
03 4/3 バーレーンGP
04 4/24 サンマリノGP
05 5/8 スペインGP
06 5/22 モナコGP
07 5/29 ヨーロッパGP
08 6/12 カナダGP
09 6/19 アメリカGP
10 7/3 フランスGP
11 7/10 イギリスGP
12 7/24 ドイツGP
13 7/31 ハンガリーGP
14 8/21 トルコGP
15 9/4 イタリアGP
16 9/11 ベルギーGP
17 9/25 ブラジルGP
18 10/9 日本GP
19 10/16 中国GP
第17戦 ブラジルGP
拡大する
バトン2列目グリッドを獲得。佐藤はレース戦略から予選アタックせず
9月24日(土)・予選
サーキット:インテルラゴス・サーキット 天候:晴れ時々曇り 気温:29℃

 ブラジルGP2日目の予選で、B・A・R Hondaのジェンソン・バトンは4番手タイムを出し、明日のレースを2列目から出走する。佐藤琢磨はレース戦略からアタックを行わず、19番手。決勝レースはグリッド最後尾からのスタートとなる。

第17戦 ブラジルGP拡大する
第17戦 ブラジルGP拡大する

 前日に続いて、ブラジルGPとしては比較的涼しい天候。午前中のフリー走行は、気温25℃前後で推移した。午前9時からの3回目フリー走行セッションは、まだ路面グリップが低いのか、各車の周回数はさほど多くない。そして本格的な走行が始まった2回目セッション、バトンは今シーズンのタイトルを争うK・ライコネン(マクラーレン)、F・アロンソ(ルノー)に次ぐ3番手のタイムを出した。一方の佐藤はギアボックスにトラブルが発生したこともあり、17番手タイムにとどまった。

 予選開始時点の午後1時には、気温29℃、路面温度は38℃まで上昇した。2番手で出走の佐藤は、不利な予選序盤出走に加え、前レースで10番降格のペナルティを受けていたことから、予選前にエンジンを交換。さらに燃料消費とエンジンマイレージを抑えるためにアタックを行わず、インスタレーションラップを終えるとそのままピットレーンに入り、19番手。決勝レースはグリッド最後尾からのスタートとなる。

 予選最終組の3番手から出走したバトンは、ミス無くラップをまとめ、午前中の自己ベストにはコンマ6秒及ばなかったものの4番手タイムを記録し、明日のレースを2列目から出走する。ポールポジションは、F・アロンソ(ルノー)だった。

第17戦 ブラジルGP拡大する 第17戦 ブラジルGP拡大する
コメント

ジェンソン・バトン
3回目フリー走行 5番手 1分13秒186
4回目フリー走行 3番手 1分12秒148
予選 4番手 1分12秒696
「もう少し上のポジションを期待していたんだけれど、今日の4番手というポジションには満足だよ。低速コーナーでのマシンの挙動は良かったけれど、高速コーナーでは少しオーバーステアで、そのため左コーナーのターン11でスロットルを戻さねばならず、わずかにタイムをロスした。途中までモントーヤからコンマ2秒遅れだったけれど、突風のおかげでストレートでタイムを落としてしまった。僕らの戦略を考えると2列目グリッドは悪くないし、明日はどんなレースになるのか興味深いね。このグリッドからなら、良い結果を狙って行けると思うよ」

佐藤琢磨
3回目フリー走行 11番手 1分14秒042
4回目フリー走行 17番手 1分13秒817
予選 19番手 計測タイム無し(決勝レース20番グリッド)
「今日もまた厳しい1日でした。昨日からの勢いを今日のフリー走行に持ち越したかったのですが、両方のセッションでトラブルが出てしまい、少ししか走れませんでした。その結果、新品タイヤでの走行ができなかったので、残念ながら新品タイヤを履いた時の状況を確かめることができませんでした。予選では明日のレースでのチャンスを広げるために、インスタレーションラップだけを走ることにしました。いずれにしてもグリッド最後尾からのスタートが決まっていましたから、その点を考慮に入れて戦略を組み立てました。僕たちには強いパッケージがあると思いますし、いつも通り良い結果を目指して全力で戦います」

ジル・ド・フェラン B・A・R Hondaスポーティングディレクター
「我々のチームにとって通常予選に臨む状況とは違ったとは言え、ジェンソンの2列目からのスタートには満足している。琢磨の予選とレース戦略は、スパのレースで科されたペナルティによって、色々な意味で左右された。さらに今朝の2回のセッションで起きたトラブルによって、レース準備の時間を削られてしまった。しかし、短いながらも彼の走行の中からは良い兆候が見られたので、良い結果を出せると期待している。ジェンソンの朝のセッションは非常に順調で、マシンは昨日に比べて大幅に改善されたようだ。最後のセッションでは、フロントロー獲得の可能性も見せてくれたが、残念ながらオーバーステアが強すぎたようだ。それでも、明日のレースを大いに楽しみにしている」

中本修平 Honda Racing Developmentエンジニアリングディレクター
「バトン選手は予選をうまくまとめ、良いグリッドポジションを確保してくれました。明日のレースではこのまま良い結果を出してくれることを期待しています。琢磨選手ですが、予選前にエンジンを交換し、鈴鹿スペックエンジンを前倒しで投入しました。予選はレース戦略からアタックを行いませんでした。グリッド後方からのスタートですが、追い上げを期待しています」

ページの先頭へ
予選リザルト
順位 No. ドライバー コンストラクター タイヤ タイム
1 5 F.アロンソ ルノー M 1:11.988
2 10 JP.モントーヤ マクラーレン M 1:12.145
3 6 G.フィジケラ ルノー M 1:12.558
4 3 ジェンソン・バトン B・A・R Honda M 1:12.696
5 9 K.ライコネン マクラーレン M 1:12.781
6 15 C.クリエン レッドブル M 1:12.889
7 1 M.シューマッハ フェラーリ B 1:12.976
8 16 J.トゥルーリ トヨタ M 1:13.041
9 12 F.マッサ ザウバー M 1:13.151
10 2 R.バリチェロ フェラーリ B 1:13.183
11 17 R.シューマッハ トヨタ M 1:13.285
12 11 J.ビルヌーブ ザウバー M 1:13.372
13 18 T.モンテイロ ジョーダン B 1:13.387
14 7 M.ウェーバー ウィリアムズ M 1:13.538
15 8 A.ピッツォニア ウィリアムズ M 1:13.581
16 14 D.クルサード レッドブル M 1:13.844
17 19 N.カーティケヤン ジョーダン B 1:14.520
18 21 C.アルバース ミナルディ B 1:14.763
19 4 佐藤琢磨 B・A・R Honda M -
20 20 R.ドーンボス ミナルディ B -
ページの先頭へ