MENU

HONDA

検索
Formula 1
モータースポーツ > F1世界選手権 > 第12ドイツGP 予選
レース
ドイツ

第12戦 7月24日
ドイツGP

グランプリ情報 プレビュー
フリー走行 予選 決勝 フォトギャラリー
リザルト
グランプリ情報
Rd. Date
01 3/6 オーストラリアGP
02 3/20 マレーシアGP
03 4/3 バーレーンGP
04 4/24 サンマリノGP
05 5/8 スペインGP
06 5/22 モナコGP
07 5/29 ヨーロッパGP
08 6/12 カナダGP
09 6/19 アメリカGP
10 7/3 フランスGP
11 7/10 イギリスGP
12 7/24 ドイツGP
13 7/31 ハンガリーGP
14 8/21 トルコGP
15 9/4 イタリアGP
16 9/11 ベルギーGP
17 9/25 ブラジルGP
18 10/9 日本GP
19 10/16 中国GP
第12戦 ドイツGP
拡大する
バトンがフロントロー、佐藤も4列目グリッドを獲得
7月23日(土)・予選
サーキット:ホッケンハイム・リンク 天候:晴れ 気温:22℃

 ドイツGPの予選で、Lucky Strike B・A・R Hondaのジェンソン・バトンが2番手、フロントローを獲得。出走順にハンディキャップのあった佐藤琢磨も、8番手4列目グリッドを獲得した。

第12戦 ドイツGP拡大する
第12戦 ドイツGP拡大する

 ドイツGPの2日目午前中は晴れ間が広がり、気温も昼前には20℃程度まで上昇した。前日の夕方に雨が降ったため、路面グリップの低下が心配されたが、影響はほとんどなかったようだ。フリー走行ではレースに向けてのロングラン走行を中心に、セッション終盤には午後の予選に向けてのアタック・シミュレーションを実施。午前中の4回目フリー走行のタイムは、バトン5番手、佐藤13番手だった。

 午後1時からの予選は気温22℃、路面温度も30℃を超えたコンディションで始まった。前日と同様にサーキット上空は午後になって雲が広がりはじめたものの、セッションが進むにつれて路面温度は40℃近くまで上昇した。予選をセッション序盤の5番手で出走の佐藤は、ホッケンハイム最長のストレートからのフルブレーキングを含む第2区間で若干のタイムロスはあったものの、不利な条件をはねのける、この週末中の自己最速タイムの1分15秒501をマーク。最終的に8番グリッドを確保した。

 そしてバトンが、予選最終出走グループ5人のトップを切ってコースイン。持ち味の流れるようなドライビングで、暫定トップタイムに躍り出る。後から出走したK・ライコネン(マクラーレン)にポールポジションは奪われたものの、ルノー勢の2台を抑え、さらにJP・モントーヤ(マクラーレン)が最終コーナーでクラッシュを喫したことで、2番グリッドを獲得。明日の決勝レースは、前戦イギリスGPに続きフロントローからスタートする。

第12戦 ドイツGP拡大する
第12戦 ドイツGP拡大する
コメント

ジェンソン・バトン
3回目フリー走行 11番手 1分17秒397
4回目フリー走行 5番手 1分15秒072
予選 2番手 1分14秒759
「2戦連続してフロントローに並ぶことができて、とても嬉しいよ。シルバーストーンの後、チームが素晴らしい仕事してくれてマシンを改良できたし、Hondaもエンジンをさらに進歩させてくれたことだしね。今日のラップは良かったけれど、少しマシンのフロントグリップを付け過ぎ、特にスタジアムのセクションでは何回かヒヤリとする瞬間があった。シルバーストーンからは確かに進歩しているけれど、トップチームに挑戦するには、まだ頑張らないといけないね。とは言っても、前に比べてギャップが縮まったことは嬉しいし、残りのレースのために良い勢いを作れたよ。実を言うと、ここで12番手以内のグリッドを獲得したのは初めてだし、フロントローからのスタートは嬉しい。このまま良いレース結果に繋げたい」

佐藤琢磨
3回目フリー走行 10番手 1分17秒331
4回目フリー走行 13番手 1分15秒699
予選 8番手 1分15秒501
「予選の出走が最初の方だったことを考えると、満足の行く走りでした。予選の序盤で出走するのは不利なことが多いのですが、今日の結果には満足しています。今朝は予選に向けて十分な準備ができましたし、僕達のレースでの速さと戦略を考えると、明日はきっと良いレースを見せることができると思います」

ジル・ド・フェラン B・A・R Hondaスポーティングディレクター
「今日の予選結果にはとても満足している。我々はフリー走行中に異なるセットアップを試し、その結果予選に向けて良いマシンバランスに仕上げることができた。これはいつものことになりつつあるが、ジェンソンは素晴らしい走りを見せてくれた。予想していた以上のスターティンググリッドを獲得してくれたおかげで、明日のレース戦略は有利に働くはずだ。琢磨は予選出走順が早く、不利な条件だったが、ジェンソン同様の良い走りを見せてくれた。フリー走行でのロングランで証明されたように、ミシュランは非常に安定したタイヤを持ち込んできており、エンジンの調子も非常に良い。明日のレースを本当に楽しみにしている」

中本修平 Honda Racing Developmentエンジニアリングディレクター
「ドライバー2人とも、良い走りを見せてくれたおかげで、予選はうまくいったと思います。他チームのレース戦略は分かりませんが、明日の決勝レースでは最善を尽くします」

ページの先頭へ
予選リザルト
順位 No. ドライバー コンストラクター タイヤ タイム
1 9 K.ライコネン マクラーレン M 1:14.320
2 3 ジェンソン・バトン B・A・R Honda M 1:14.759
3 5 F.アロンソ ルノー M 1:14.904
4 6 G.フィジケラ ルノー M 1:14.927
5 1 M.シューマッハ フェラーリ B 1:15.006
6 7 M.ウェーバー ウィリアムズ M 1:15.070
7 8 N.ハイドフェルド ウィリアムズ M 1:15.403
8 4 佐藤琢磨 B・A・R Honda M 1:15.501
9 16 J.トゥルーリ トヨタ M 1:15.532
10 15 C.クリエン レッドブル M 1:15.635
11 14 D.クルサード レッドブル M 1:15.679
12 17 R.シューマッハ トヨタ M 1:15.689
13 12 F.マッサ ザウバー M 1:16.009
14 11 J.ビルヌーブ ザウバー M 1:16.012
15 2 R.バリチェロ フェラーリ B 1:16.230
16 21 C.アルバース ミナルディ B 1:17.519
17 20 R.ドーンボス ミナルディ B 1:18.313
18 18 T.モンテイロ ジョーダン B 1:18.599
19 10 JP.モントーヤ マクラーレン M -
20 19 N.カーティケヤン ジョーダン B -
ページの先頭へ