MENU

HONDA

検索
Honda
モータースポーツ
Formula 1
Formula 1
モータースポーツ > F1世界選手権 > 第11戦 イギリスGP 予選
レース
イギリス 第11戦 7月10日
イギリスGP
グランプリ情報 プレビュー
フリー走行 予選 決勝 フォトギャラリー
リザルト
グランプリ情報
Rd. Date
01 3/6 オーストラリアGP
02 3/20 マレーシアGP
03 4/3 バーレーンGP
04 4/24 サンマリノGP
05 5/8 スペインGP
06 5/22 モナコGP
07 5/29 ヨーロッパGP
08 6/12 カナダGP
09 6/19 アメリカGP
10 7/3 フランスGP
11 7/10 イギリスGP
12 7/24 ドイツGP
13 7/31 ハンガリーGP
14 8/21 トルコGP
15 9/4 イタリアGP
16 9/11 ベルギーGP
17 9/25 ブラジルGP
18 10/9 日本GP
19 10/16 中国GP
第11戦 イギリスGP
拡大する
バトン地元GPでフロントロー、佐藤も4列目から決勝レースに臨む
7月9日(土)・予選
サーキット:シルバーストーン・サーキット 天候:曇りのち晴れ 気温:20℃

 イギリスGP予選で、Lucky Strike B・A・R Hondaのジェンソン・バトンが3番手タイム。予選2番手のK・ライコネン(マクラーレン)がエンジン交換によるペナルティで10番降格となるため、明日の決勝レースは最前列からスタートする。8番手タイムだった佐藤琢磨も同様に繰り上がり、7番グリッドから決勝レースに臨む。

第11戦 イギリスGP拡大する
第11戦 イギリスGP拡大する

 2日目のシルバーストーンは、午前中は上空を雲が覆い、気温15℃、路面温度19℃という肌寒いコンディションで始まった。B・A・R Hondaの2人は午後の予選、そして翌日の決勝レースに向け、精力的にセットアップ作業を続ける。この日、1回目のフリー走行では、バトン3番手、佐藤6番手と、予選に向けて順調なスタートとなった。2回目のセッションも、バトンは5番手。しかし、佐藤はマシンのセットアップ作業に集中し、14番手タイムだった。

 午後は薄日が射してきたこともあり、気温は20℃まで上昇した。午後1時からの予選で、10番目にコースインした佐藤は、ミスのない走りで午前中の自己ベストをコンマ8秒しのぐ1分21秒114のタイムで暫定2番手のタイムを叩きだす。そしてドライバー全員がアタックを終えた時点では、8番手となった。そして、予選終盤の17番手出走のバトンは、地元ファンの大声援を受けながらアタックを開始。第2、第3区間で最速タイムを叩き出し、1分20秒207のタイムで3番手に付けた。

 予選2番手タイムをだしたライコネンが、2戦連続してエンジン交換による10番降格のペナルティを受けるため、明日はバトンが最前列2番グリッドから表彰台を目指して決勝レースに臨む。8番手タイムだった佐藤琢磨も同様に繰り上がり、4列目7番グリッドからのスタートとなる。ポールポジションは、前戦に続きF・アロンソ(ルノー)が獲得した。
第11戦 イギリスGP拡大する
第11戦 イギリスGP拡大する

コメント

ジェンソン・バトン
3回目フリー走行 3番手 1分21秒996
4回目フリー走行 5番手 1分20秒763
予選 3番手 1分20秒207(決勝レース2番グリッド)
「ホームグランプリでのフロントローと、シルバーストーンでの予選最高ポジションを獲得できて最高の気分だよ。予選では、マシンの性能を全て引き出す走りができたし、レースに向けても良いバランスと戦略がある。きっと明日は良いレースができると思うし、表彰台は確実だよ。バケッツコーナーとコップスコーナーでは、若干不安定で心配だけど、低速コーナーの挙動はとても良い感じだ。このポジションや、明日のレースでトップ争いに参加できることが嬉しいよ。今年はここまで結構厳しいシーズンを過ごしてきたから、今日の結果はファンや頑張ってくれたチームの皆にとって最高の結果だ。ここの大観衆は、僕にとって大きな励みになるし、これほどたくさんのファンやユニオンジャックが振られているのを見ると、気持ちが引き締まるよ。彼らのために明日は良いレースができると確信しているし、辛い時を過ごしているイギリスのためにも頑張りたい」

佐藤琢磨
3回目フリー走行 6番手 1分22秒389
4回目フリー走行 14番手 1分21秒931
予選 8番手 1分21秒114(決勝レース7番グリッド)
「今朝のセッションでは、少しバランスに問題があり、新品タイヤで良いタイムが出せず、今日の計画に影響が出てしまいました。しかし、予選では問題を解決できて、手堅いタイムを出せたので満足しています。予想した通り、高速コーナーではまだグリップに苦しみましたが、まずまずの速さは証明できたので良かったと思います。今週末の目標はポイント獲得ですが、このポジションからなら十分に狙えると思います」

ジル・ド・フェラン B・A・R Hondaスポーティングディレクター
「ホームグランプリでのフロントロー獲得は、素晴らしい結果だ。ジェンソンは週末を通して調子を上げてきたマシンで、今回も最高の走りを見せた。琢磨は金曜日の遅れを十分に挽回し、良い走りで4列目を獲得した。グリッドが良かっただけではなく、全てのフリー走行でマシンが安定していたことから、明日のレースには大いに期待している」

中本修平 Honda Racing Developmentエンジニアリングディレクター
「予選でジェンソン選手は素晴らしい走りを見せてくれました。琢磨選手は午前中、満足のいくセットアップを見つけるためのセットアップ作業に集中し、そのおかげでまずまずの結果を出すことができました。今日もエンジンは快調でしたから、明日はチームとジェンソンにとって、素晴らしいホームグランプリになることを期待しています」

ページの先頭へ
予選1日目リザルト
順位 No. ドライバー コンストラクター タイヤ タイム
1 5 F.アロンソ ルノー M 1:19.905
2 9 K.ライコネン マクラーレン M 1:19.932
3 3 ジェンソン・バトン B・A・R Honda M 1:20.207
4 10 JP.モントーヤ マクラーレン M 1:20.382
5 16 J.トゥルーリ トヨタ M 1:20.459
6 2 R.バリチェロ フェラーリ B 1:20.906
7 6 G.フィジケラ ルノー M 1:21.010
8 4 佐藤琢磨 B・A・R Honda M 1:21.114
9 17 R.シューマッハ トヨタ M 1:21.191
10 1 M.シューマッハ フェラーリ B 1:21.275
11 11 J.ビルヌーブ ザウバー M 1:21.352
12 7 M.ウェーバー ウィリアムズ M 1:21.997
13 14 D.クルサード レッドブル M 1:22.108
14 8 N.ハイドフェルド ウィリアムズ M 1:22.117
15 15 C.クリエン レッドブル M 1:22.207
16 12 F.マッサ ザウバー M 1:22.495
17 19 N.カーティケヤン ジョーダン B 1:23.583
18 21 C.アルバース ミナルディ B 1:24.576
19 20 P.フリーザッハー ミナルディ B 1:25.566
20 18 T.モンテイロ ジョーダン B -
※予選2番手のライコネンは、エンジン交換を行ったため10グリッド降格になる。
ページの先頭へ