MENU

HONDA

検索
Hondaホームページ
モータースポーツ
F1
F1
第18戦 ブラジルGP
モータースポーツTOPへ
ブラジル Round 18
Brazilian GP
前ラウンド 2004 Octorber,24
F1 TOPへ
グランプリ情報
1日目
コメント
リザルト
予選
決勝
ポイント
シーズン最終戦の初日フリー走行で、B・A・R Honda勢がトップ6入り

10月22日(金)・1日目フリー走行
サーキット:インテルラゴス・サーキット 天候:晴れ 気温:25℃

佐藤琢磨
佐藤琢磨

 今季最終戦ブラジルGP初日午後のフリー走行で、Lucky Strike B・A・R Hondaのジェンソン・バトンが4番手、アンソニー・デビッドソンが5番手、佐藤琢磨が6番手タイムと、B・A・R Hondaの3台が揃ってトップ6入り。トラブルフリーで多くの周回を重ね、シーズン最後を締めくくる予選・レースに向けて、順調なスタートを切った。

 例年なら3月に行なわれるブラジルGPだが、今年はシーズン最終戦として10月下旬の開催となった。南半球のサンパウロ市は、今が春。日中はともかく、朝晩はかなり冷えこむ陽気となった。それでも初日金曜日は晴れ間が広がり、昼前には一時27℃まで気温が上がった。

 午前中のフリー走行では、路面に十分なラバーが付着していないにもかかわらず、走行毎にみるみるタイムが縮まって行く。1回目のセッションでトップだったJP・モントーヤ(ウィリアムズ)が、昨年R・バリチェロ(フェラーリ)が出したポールポジションタイムを1秒3も縮めるなど、全般にハイペース。B・A・R Honda勢は、デビッドソンが5番手。佐藤が8番手。バトンは14番手だった。

 午後も明るい日差しが雲間から射しているが、時折りメインストレートを進行方向に向かって、比較的強い風が吹く。午後2時からのセッションでは、1回目セッションをさらに上回るペースで、週回を重ねる毎にタイムが速くなって行った。セッション開始後25分には、K・ライコネン(マクラーレン)が1分11秒台に突入。そして僅か100分の3秒差で佐藤、そのコンマ1秒落ちでバトンが続き、セットアップの好調な仕上がりを見せた。そしてバトンは、初日フリー走行の終了20分前に、その時点でトップだったM・シューマッハ(フェラーリ)を100分の1秒しのいでタイムシートのトップに踊り出た。そして最終的にトップタイムはフェラーリの2台に譲ったものの、バトン、デビッドソン、佐藤の順にB・A・R Honda勢が4・5・6番手を占め、シーズン最後を締めくくる予選・レースに向けて、順調なスタートを切った。

リザルト ページトップへ
ジェンソン・バトン 4番手(2回目フリー走行) 1分11秒731
ジェンソン・バトン

「僕らにとって重要なレース前の準備としては、まずまず順調な初日だったよ。タイヤの比較やセットアップなど、予定したことは全て行うことができた。サーキットの路面は、今朝はとても汚れていたけれど、午後までには驚くほど良くなったんだ。そのおかげで、良いテストをすることができたよ。再舗装されたにもかかわらず、サーキットは相変わらずかなりバンピーだよ。特に最初のコーナーと第6コーナーがね。週末に向けた初日としては、満足している。そしてレースに向けて良い仕事をして、マシンが速くなるように仕上がるのを期待しているよ」

アンソニー・デビッドソン 5番手(2回目フリー走行) 1分11秒920
アンソニー・デビッドソン

「今日はまずまず上手く行ったよ。とても良いタイヤの比較テストができたし、レースに向けたタイヤ選択は上手くいくと思う。ここを走るのは初めてで、路面はとてもバンピーだったけれど、1周が短いこともあって、コースをすぐに覚えることができたよ。ここでは十分な速さを備えているようだし、日曜日のレースではジェンソンと琢磨は、きっと良いレースをすると思うよ」

佐藤琢磨 6番手(2回目フリー走行) 1分11秒988
佐藤琢磨

「今日は週末に向けて、良いスタートを切れました。全く何の問題もありませんでしたし、マシンはとても早く良い感じになったので、思った通りのセッションになりました。週末に必要な情報を集めるため、異なったセットアップやタイヤで走りました。このまま今日と同じようにマシンを上手く仕上げることができたら、明日の予選と日曜日のレースは、とても良い結果を出せると思います」

中本修平 エンジニアリング・ディレクター Honda Racing Development
「3台揃ってトップ6入りという、順調な1日でした。タイム差は非常に接近していますから、明日のバトン選手と琢磨選手のクルマをもっと速くしなければいけませんね。そしてこの1年間、金曜日のセッションを担当し、素晴らしい仕事をしてくれたアンソニー選手には、お礼の言葉を掛けたいです。彼がどんなに速く走れるのか、特に初めて走るサーキットで、見せてくれたことを嬉しく思います」

フリー走行2 リザルト ページトップへ
順位 No. ドライバー チーム タイヤ タイム
1 2 R.バリチェロ フェラーリ B 1:11.166
2 1 M.シューマッハ フェラーリ B 1:11.334
3 6 K.ライコネン マクラーレン M 1:11.526
4 9 ジェンソン・バトン B・A・R Honda M 1:11.731
5 35 アンソニー・デビッドソン B・A・R Honda M 1:11.920
6 10 佐藤琢磨 B・A・R Honda M 1:11.988
7 8 F.アロンソ ルノー M 1:12.005
8 12 F.マッサ ザウバー B 1:12.183
9 38 R.ブリスコ トヨタ M 1:12.209
10 4 R.シューマッハ ウィリアムズ M 1:12.235
11 3 JP.モントーヤ ウィリアムズ M 1:12.280
12 7 J.ビルヌーブ ルノー M 1:12.316
13 39 R.ドーンボス ジョーダン B 1:12.345
14 17 R.ゾンタ トヨタ M 1:12.347
15 5 D.クルサード マクラーレン M 1:12.430
16 16 J.トゥルーリ トヨタ M 1:12.545
17 11 G.フィジケラ ザウバー B 1:12.631
18 14 M.ウェーバー ジャガー M 1:12.816
19 18 N.ハイドフェルド ジョーダン B 1:13.114
20 20 G.ブルーニ ミナルディ B 1:13.467
21 15 C.クリエン ジャガー M 1:13.509
22 19 T.グロック ジョーダン B 1:13.966
23 21 Z.バウムガルトナー ミナルディ B 1:13.979
24 37 B.ヴィルドハイム ジャガー M 1:14.303
25 40 B.ラインダース ミナルディ B 1:14.754
Honda Racing F1 TOPへモータースポーツTOPへ