MENU

HONDA

検索
Hondaホームページ
モータースポーツ
F1
F1
第17戦 日本GP
モータースポーツTOPへ
日本 Round 17
Japanese GP
前ラウンド 次ラウンド 2004 Octorber,10
F1 TOPへ
グランプリ情報
1日目
コメント
リザルト
予選
決勝
ポイント
台風の影響による大雨の日本GP初日で、佐藤琢磨が8番手タイム

10月8日(金)・1日目フリー走行
サーキット:鈴鹿サーキット 天候:雨 気温:17℃

佐藤琢磨
佐藤琢磨

 日本GP初日は、台風の影響による強い雨が終日降り続いた。そんな難しいコンディションの下、午後のフリー走行でLucky Strike B・A・R Hondaの佐藤琢磨が8番手、第3ドライバーのアンソニー・デビッドソンが9番手、ジェンソン・バトンは20番手だった。

 気象情報によると、この週末は台風22号が東海地方を直撃することが予想されている。すでに前線の影響で日本GP初日は朝から雨が降り出し、1回目のフリー走行が始まる午前11時には、かなり激しい雨となった。路面は当然ながらずぶ濡れで、ストレートをまっすぐ走るのも困難な状態。それでもバトンは5ラップ周回し、4番手タイム。デビッドソンは4周走行したものの、激しい雨のため積極的なアタックは行わず15番手。一方の佐藤は、大事を取って走行を控え、計測タイム無しの22番手だった。

 昼前後に雨は一時的に弱まったものの、午後2時の2回目セッション開始時には、再び雨脚が強くなった。それでもセッション前半は各マシンが周回を重ねたものの、30分過ぎに逆バンクの進入で、ザウバー、ジョーダン、ミナルディのマシン3台が立て続けにスピンしコースアウト、イエローフラッグとなった。路面コンディションがかなり悪化しているのは明らかで、そのためコンディションの回復を待ち、コースインするマシンが途絶える状態が続いた。コース上のあちこちで雨水が川のように流れており、とてもF1マシンで走行できる状態ではなかった。そして、コンディションは回復することなく、2回目セッションはそのまま終了となった。

 気象情報によると、今夜から明日にかけて、鈴鹿サーキットのある三重県内は大雨と強風に見舞われる模様である。明日以降のレーススケジュールに変更が生じる場合は、主催者から発表されることになる。

リザルト ページトップへ
佐藤琢磨 8番手(2回目フリー走行) 1分49秒370
佐藤琢磨

「天気についてはどうしようもないのですが、とにかく全てのチームにとって、大変なコンディションでした。とても残念でしたし、特に雨の中で我慢していたファンの皆さんは、あまり走行を見ることができず、本当に気の毒ですね。こんなウエットコンディッションの中では、ハイドロプレーニングの問題もあって、マシンをコントロールするのが難しかったです。天候は悪化していったのですが、出来るだけ沢山のデータを集めるために、午後のセッションを走行する必要があったんです。他のマシンの後ろを走っていたら、前が何も見えず、危なかったですね。明日もこんな天気だと、とても予選はできないでしょうし、日曜日は天候が回復し、無事にレースできることを祈っています」

アンソニー・デビッドソン 9番手(2回目フリー走行) 1分49秒598
アンソニー・デビッドソン

「今日のように雨が降り続くなんて、皆大変だったと思うよ。予定していたプログラムは全然できなかったし、僅かな周回しか走行することができなかった。セッション中のほとんどの時間、ハイドロプレーニング現象のおかげで、とても運転できる状況ではなかったんだ。とくに残念だったのは、世界中で最も素晴らしいコースの一つだと思う鈴鹿を、ドライの状態で走れなかったことと、その素晴らしさを実感できなかったことだよ。ジェンソンも琢磨も、同じようなフラストレーションのたまるスタートだったと思う。こんな天気が、日曜のレースまで続いてしまうのではないかと心配だよ」

ジェンソン・バトン 20番手(2回目フリー走行) 1分53秒482
ジェンソン・バトン

「最初のセッションは、ひどいウエットコンディションでした。午後の最初も同じようなコンディションでしたが、なんとか走れる状態でした。できれば、こんなコンディションの中では、レースもテストもやりたくないね。ハイドロプレーニング現象も起きたけど、コースアウトせずに済んで良かったよ。午後のセッションは、時間が経つに連れて、ひどいウエットになって、とても危なかった。水しぶきのおかげで、車間距離がマシン1.5台分程度まで近づかないと、前を走っている車が見えないんだ。明日も今日と同じような天気になりそうだから、予選を日曜日に変更するという意見に、僕は賛成だよ。天候は日曜日には少しは回復するみたいだからね」

中本修平 エンジニアリング・ディレクター Honda Racing Development
「悪天候のために限られた走行しかできず、せっかく来ていただいたファンの皆様は、残念だったことと思います。台風の影響で週末のスケジュールが崩れないことを望んでいます」

フリー走行2 リザルト ページトップへ
順位 No. ドライバー チーム タイヤ タイム
1 1 M.シューマッハ フェラーリ B 1:45.388
2 11 G.フィジケラ ザウバー B 1:46.102
3 6 K.ライコネン マクラーレン M 1:46.749
4 2 R.バリチェロ フェラーリ B 1:46.874
5 5 D.クルサード マクラーレン M 1:48.033
6 19 T.グロック ジョーダン B 1:49.277
7 18 N.ハイドフェルド ジョーダン B 1:49.286
8 10 佐藤琢磨 B・A・R Honda M 1:49.370
9 35 アンソニー・デビッドソン B・A・R Honda M 1:49.598
10 7 J.ビルヌーブ ルノー M 1:49.672
11 8 F.アロンソ ルノー M 1:49.712
12 4 R.シューマッハ ウィリアムズ M 1:49.736
13 3 JP.モントーヤ ウィリアムズ M 1:50.060
14 7 J.トゥルーリ トヨタ M 1:50.386
15 14 M.ウェーバー ジャガー M 1:50.666
16 39 R.ドーンボス ジョーダン B 1:51.007
17 15 C.クリエン ジャガー M 1:52.232
18 40 B.ラインダース ミナルディ B 1:52.942
19 20 G.ブルーニ ミナルディ B 1:53.194
20 9 ジェンソン・バトン B・A・R Honda M 1:53.482
21 21 Z.バウムガルトナー ミナルディ B 1:54.703
22 12 F.マッサ ザウバー B -
23 17 O.パニス トヨタ M -
24 37 B.ヴィルドハイム ジャガー M -
25 38 R.ブリスコ トヨタ M -
Honda Racing F1 TOPへモータースポーツTOPへ