MENU

HONDA

検索
Hondaホームページ
モータースポーツ
F1
F1
第15戦 イタリアGP
モータースポーツTOPへ
イタリア Round 15
Italian GP
前ラウンド 次ラウンド 2004 September,12
F1 TOPへ
グランプリ情報
1日目
コメント
リザルト
予選
決勝
ポイント
イタリアGP初日フリー走行で、B・A・R Hondaの3台がトップ8入り

9月10日(金)・1日目フリー走行
サーキット:モンツァ・サーキット 天候:晴れ 気温:26℃

J.バトン
J.バトン

 イタリアGP初日午後のフリー走行で、Lucky Strike B・A・R Hondaのジェンソン・バトンが4番手タイム。佐藤琢磨は6番手、第3ドライバーのアンソニー・デビッドソンは8番手タイムで、B・A・R Hondaの3台全てのマシンが、タイムシートのトップ8に入った。

 ヨーロッパラウンド最後のグランプリとなる、イタリアGP。レースが行なわれるモンツァ・サーキットは、エンジン全開率、平均速度が全18戦中最高という、名うての高速コースである。エンジンの寄与率はもちろん高いが、負担も大きい。ブレーキやタイヤにも、かなりの負荷がかかる。B・A・R Hondaは、先週ここで3日間のテストを敢行。同GPに向けての、さまざまなプログラムをこなした。

 グランプリウィーク初日は、朝のうちは雲に覆われていたものの、最初のフリー走行が始まる11時頃から晴れ間が見え始める。ほとんどのチームが1週間前にここでテストを行なったこともあって、周回数は全般に少なめ。午前中トップのM・シューマッハ(フェラーリ)は、最初の計測周回で昨年自らが出したポールポジションタイムを、コンマ4秒以上もしのいでしまった。B・A・R Honda勢は順調に周回を重ね、デビッドソンがトップタイムからコンマ4秒落ちの3番手、バトンは6番手、佐藤は11番手のタイムだった。

 午後になり、サーキット上空はほぼ青空に覆われた。気温も26℃、路面温度は39℃まで上がった。開始後22分、ニュータイヤでタイムアタックに出て行った佐藤が、1分21秒313の自己ベストで、タイムシートのトップに躍り出る。その後M・シューマッハ(フェラーリ)が、コンマ2秒差でトップタイムを更新。一方のバトンは、セッション終盤に1分21秒124のタイムで暫定2番手に付けた。その後K・ライコネン(マクラーレン)とR・バリチェロ(フェラーリ)がバトンのタイムを上回ったものの、最終的にバトンはトップタイムからコンマ3秒差の4番手、佐藤は6番手タイム。そしてデビッドソンも8番手となり、B・A・R Hondaの3台全てのマシンが、初日午後のフリー走行でタイムシートのトップ8に入った。午後のフリー走行のトップは、K・ライコネンだった。

リザルト ページトップへ

ジェンソン・バトン 4番手(2回目フリー走行) 1分21秒124
「今日の4番手という順位は、金曜日としてはそんなに悪くないよ。ニュータイヤでの走行は、特別良いラップでもなかったので、明日のセットアップを考えれば、良いスタートと言えると思うよ。上位6台のタイムはとても接近しているので、週末のレースのことを予想するには、まだ早いと思う。マシンは、ここモンツァにはとても合っていると思うし、きっと良い結果を出せると信じているよ」

佐藤琢磨 6番手(2回目フリー走行) 1分21秒313
佐藤琢磨

「週末に向け、良いスタートを切れました。先週ここで行われたテストで、ポジティブな感触を掴んでいましたが、今日は思っていた通りのパフォーマンスを発揮できたと思います。予想より気温は高かったのですが、3台揃ってまずまずのパフォーマンスでしたから、チームはとても良い感じです。明日のセットアップを上手くまとめられれば、きっと良い予選になると思います」

アンソニー・デビッドソン 8番手(2回目フリー走行) 1分21秒544
A.デビッドソン

「最初のフリー走行ではフェラーリ勢に続いての3番手でしたし、総合でも4番手のタイムを出すことができて良かったです。今日の自分のパフォーマンスにはとても満足ですし、週末を通して必要なデータ、なかでもタイヤ選択に役立つデータを収集できました。上位陣のタイムはとても接近していますから、B・A・Rにとって、今週末はとても熱い戦いになると思います」

中本修平 エンジニアリング・ディレクター Honda Racing Development
「我々3人のドライバーにとって、良い1日になりました。今週は新しいスペックのエンジンを持ち込んでいますから、たくさん周回を重ね、多くの有益なデータを収集することができ、とても良かったです。モンツァに戻って来ることができて、嬉しいですね。明日の予選は、とてもエキサイティングなものになると思いますよ」

フリー走行2 リザルト ページトップへ
順位 No. ドライバー チーム タイヤ タイム
1 6 K.ライコネン マクラーレン M 1:20.846
2 2 R.バリチェロ フェラーリ B 1:20.899
3 1 M.シューマッハ フェラーリ B 1:21.080
4 9 ジェンソン・バトン B・A・R Honda M 1:21.124
5 4 A.ピッツォニア ウィリアムズ M 1:21.264
6 10 佐藤琢磨 B・A・R Honda M 1:21.313
7 3 JP.モントーヤ ウィリアムズ M 1:21.419
8 35 アンソニー・デビッドソン B・A・R Honda M 1:21.544
9 8 F.アロンソ ルノー M 1:21.630
10 5 D.クルサード マクラーレン M 1:22.052
11 7 J.トゥルーリ ルノー M 1:22.191
12 38 R.ブリスコ トヨタ M 1:22.197
13 12 F.マッサ ザウバー B 1:22.258
14 16 R.ゾンタ トヨタ M 1:22.298
15 11 G.フィジケラ ザウバー B 1:22.302
16 39 T.グロック ジョーダン B 1:22.332
17 14 M.ウェーバー ジャガー M 1:22.392
18 17 O.パニス トヨタ M 1:22.813
19 37 B.ヴィルドハイム ジャガー M 1:22.914
20 15 C.クリエン ジャガー M 1:23.199
21 19 G.パンターノ ジョーダン B 1:23.818
22 40 B.ラインダース ミナルディ B 1:24.045
23 21 Z.バウムガルトナー ミナルディ B 1:24.063
24 20 G.ブルーニ ミナルディ B 1:24.225
Honda Racing F1 TOPへモータースポーツTOPへ