MENU

HONDA

検索
Hondaホームページ
モータースポーツ
F1
F1
第14戦 ベルギーGP
モータースポーツTOPへ
ベルギー Round 14
Belgium GP
前ラウンド 2004 August,29
F1 TOPへ
グランプリ情報
1日目
コメント
リザルト
予選
決勝
ポイント
ベルギーGP初日フリー走行で、B・A・R Hondaの3台がトップ5入り

8月27日(金)・1日目フリー走行
サーキット:スパ・フランコルシャン・サーキット 天候:曇り 気温:18℃

J.バトン
J.バトン

 ベルギーGP初日午後のフリー走行で、Lucky Strike B・A・R Hondaのジェンソン・バトンが2番手タイム。第3ドライバーのアンソニー・デビッドソンが4番手、佐藤琢磨も5番手に付け、3人のドライバー全員が、タイムシートのトップ5に入った。

 2002年以来、2年振りのベルギーGP。スパ・フランコルシャンはその間に、有名なバスストップシケインがレイアウト変更された他、コースの半分近くが再舗装を施された。全長は10m以上伸びて6,973mとなったものの、マシンやタイヤの進化にグリップの向上が加わって、ここでも大幅なタイムアップが予想される。

 初日の午前中は、曇りがちの天候。前日に降った雨が、セッション開始時にはまだ完全に乾き切っていない状況だった。気温、路面温度はこの時点でともに16℃と、スパならではの低さ。そのせいか、午前中のフリー走行でトップタイムを叩き出したデビッドソンも、昨年のM・シューマッハ(フェラーリ)のポールタイムより、1秒4以上遅い。バトンは11番手、佐藤は13番手のタイムだった。

 午後もサーキット上空は雲に覆われ、気温は18℃と依然として低い。しかし、上空には時折り晴れ間も見える。第3ドライバーのデビッドソンが好調を持続して、このセッションでも序盤にトップタイムを出した。開始後15分に、トヨタの第3ドライバー、R・ブリスコのマシンがオールージュ手前のガードレールに激突。マシンは大破して、約8分間の赤旗中断となった。

 再開後の30分、まずバトンがデビッドソンのタイムを上回り、直後に佐藤がそれを更にコンマ5秒以上縮めて、トップに躍り出た。トップタイムは佐藤、2番手にバトン、そして4番手にデビッドソンと、B・A・R Hondaの3台が上位を独占した。その後、K・ライコネン(マクラーレン)がベストタイムを更新したものの、バトン、デビッドソン、佐藤の順で、B・A・R Hondaトリオが2、3、4番手に付ける。最終的にM・シューマッハ(フェラーリ)が3番手に割って入ったが、B・A・R Hondaの3人のドライバー全員が、タイムシートのトップ5番以内に入る成績で初日を終えた。

リザルト ページトップへ
ジェンソン・バトン 2番手(2回目フリー走行) 1分45秒015
J.バトン

「ここまでは良い感じだね。僕ら3人のドライバーがトップ5に入ったことで、週末に向けて良いスタートが切れたと思う。朝のセッションはグリップが足りなかったんだけど、セットアップを変え、かなり良い方向性が見えたんだ。オールージュではミスもしたけれど、このサーキットはとても楽しいよ。明らかに最後のシケインは、以前からはちょっと変わったと思う。簡単にブレーキポイントのミスを誘うから、今でもとてもエキサイテイングだよ。だからそこで少しタイムをロスすることがあるんだ。マシンの調子はとても良いよ。フェラーリは、いつも通りとても速いように思えるけど、僕らはポイントを争っているルノーのことを考えていかないとね」

アンソニー・デビッドソン 4番手(2回目フリー走行) 1分45秒437
「ここはFormula FordやF3時代に良く走っていたし、それに2年前にミナルディでレースもしているから、スパに戻って来れて嬉しいよ。今日の午前中のセッションは、オイル漏れがあって早目に切り上げたんだけど、タイムには満足だよ。でも、午前中予定していたタイヤ比較を完了できず、午後のセッションまでかかってしまった。最初、路面は少し湿っていて滑りやすかったけれど、短時間で路面は良くなったよ。バスストップシケインが改修されたけど、違いはあまり感じなかった。あそこはコースの中で一番難しいところだったけれど、それは今も同じだよ。一つも変わっていないのは、ここの天候だね!今日は雨は降らなかったけれど、この週末の間には、きっと雨が降ることがあると思うよ」

佐藤琢磨 5番手(2回目フリー走行) 1分45秒451
佐藤琢磨

「またスパに戻って来れて、その上3台揃ってトップ5で初日を終えることができて最高です。午前中のセッションでタイムを出せたように、マシンの速さには満足していますが、レースのキーとなるロングランのタイムを上げるため、明日はセットアップしなければいけません。今日は幸いにもドライ路面で走れましたし、走行中は何の問題もありませんでしたから、良い感じです。明日も引き続き頑張りたいと思います」

中本修平 エンジニアリング・ディレクター Honda Racing Development
「金曜日の走行としては、上手くいったと思います。我々の3人のドライバーは、2回のセッション共に良いタイムを出していましたし、ここでもマシンの競争力は高いと思います。明日の天気がどうなるか、気になりますね」
フリー走行2 リザルト ページトップへ
順位 No. ドライバー チーム タイヤ タイム
1 6 K.ライコネン マクラーレン M 1:44.701
2 9 ジェンソン・バトン B・A・R Honda M 1:45.015
3 1 M.シューマッハ フェラーリ B 1:45.137
4 35 アンソニー・デビッドソン B・A・R Honda M 1:45.437
5 10 佐藤琢磨 B・A・R Honda M 1:45.451
6 5 D.クルサード マクラーレン M 1:45.507
7 4 A.ピッツォニア ウィリアムズ M 1:45.559
8 2 R.バリチェロ フェラーリ B 1:45.625
9 8 F.アロンソ ルノー M 1:45.658
10 3 JP.モントーヤ ウィリアムズ M 1:45.678
11 12 F.マッサ ザウバー B 1:45.960
12 11 G.フィジケラ ザウバー B 1:45.978
13 14 M.ウェーバー ジャガー M 1:46.471
14 17 O.パニス トヨタ M 1:46.528
15 16 R.ゾンタ トヨタ M 1:46.902
16 7 J.トゥルーリ ルノー M 1:46.912
17 37 B.ヴィルドハイム ジャガー M 1:47.265
18 15 C.クリエン ジャガー M 1:47.370
19 38 R.ブリスコ トヨタ M 1:47.634
20 21 Z.バウムガルトナー ミナルディ B 1:48.687
21 18 N.ハイドフェルド ジョーダン B 1:48.803
22 39 T.グロック ジョーダン B 1:48.817
23 19 G.パンターノ ジョーダン B 1:48.962
24 40 B.ラインダース ミナルディ B 1:49.480
25 20 G.ブルーニ ミナルディ B 1:49.742
Honda Racing F1 TOPへモータースポーツTOPへ