MENU

HONDA

検索
Hondaホームページ
モータースポーツ
F1
F1
第14戦 ベルギーGP
モータースポーツTOPへ
ベルギー Round 14
Belgium GP
前ラウンド 次ラウンド 2004 August,29
F1 TOPへ
グランプリ情報
1日目
予選
コメント
リザルト
決勝
ポイント
今季初のウエットコンディションの予選で、バトン12番手、佐藤15番手

8月28日(土)・予選
サーキット:スパ・フランコルシャン・サーキット 天候:雨 気温:18℃

J.バトン
J.バトン

 ベルギーGP2日目は、朝から断続的に雨の降る、難しいコンディションとなった。Lucky Strike B・A・R Hondaの2人のドライバーは、ウエットコンディションの中、アタックラップ中盤以降のペースが伸びず、ジェンソン・バトン12番手、佐藤琢磨15番手という結果だった。

 2日目の天候は雨。前夜からの雨が降り止まず、路面はフルウエットコンディション。さらにサーキットは、山間部特有の深い霧に覆われ、メディカルヘリコプターの視界が確保できないことから、1回目のフリー走行は中止となった。2回目セッションも小刻みに延期が繰り返されたが、30分遅れでようやく開始。ところがセッション開始13分過ぎに、ウィリアムズのA・ピッツォニアとミナルディのG・ブルーニが相次いでクラッシュ。これで赤旗中断となり、そのままフリー走行は終了となった。どのドライバーも満足に走り込むことはできず、トップタイムは、M・シューマッハ(フェラーリ)。バトンは7番手、佐藤は9番手タイムだった。

 午後になっても、雨は断続的に降っている。午後1時からの1回目予選は、時折小雨がぱらつく程度にはなったものの、路面はウエットコンディション。最初に出て行ったM・シューマッハが、1分53秒755を出してトップタイム。バトン10番手、佐藤は11番手だった。

 1回目予選が終わる頃には上空は明るくなり、コース上は次第に水がはけて行く。このままの状況が続けば、出走順が後ろになるほど有利になるのは明らかだった。しかし2回目予選が始まるとすぐに、再び細かい雨が落ち始めた。序盤に走ったドライバーのペースは、むしろ1回目より遅くなっている。

 開始後28分、佐藤が10番目にコースへと出て行く。この時点で、雨はほとんど降っていない。最初の区間では、その時点で最速タイムをマーク。ところがその後の中盤以降でペースが伸びない。結局1回目の自己ベストより3秒近く遅い2分1秒813のタイムで、10人中5番手に終わった。続いて出て行ったバトンは、佐藤と同様に最初の区間で最速タイムを出しながら、次の区間でペースダウン。それでも最後で持ち直して、11人中3番手に付けた。

 全20人が走り終わって、最終的にバトンは12番手、佐藤は15番手。明日の決勝レースはバトンが6列目グリッド、佐藤が8列目からスタートすることになった。ポールポジションは、J・トゥルーリ(ルノー)だった。

リザルト ページトップへ
ジェンソン・バトン 12番手 2分00秒237
J.バトン
「こんな満足できない予選結果は久し振りだし、12番グリッドからのスタートはがっかりだ。コース上に水が残っていたため、もっとウエットコンディションを想定していたんだけど、結果的に間違ったタイヤチョイスをしてしまった。そのため、こんな結果になってしまったよ。でも マシンは速いし、明日のレースには自信がある。今回のスタートグリッドは、いつもとは違った順番になっているから、明日のレースはとても面白いものになると思うよ」

佐藤琢磨 15番手 2分01秒813
佐藤琢磨
「今日の予選結果はとても残念です。悪天候用のウエットタイヤを選んだのですが、アタックしている時は雨が止んでいて、路面コンディションが思った以上に乾いていたんです。そのため、タイヤがオーバーヒートしてしまい、最後までグリップの無い状態で走らなければなりませんでした。明日のレースのグリッドは、速いマシンと遅いマシンが混ざっています。僕らのマシンは直線のスピードが速いので、2台共ポイント獲得のチャンスはあると思います。チャンピオンシップ2位のルノーへのチャレンジを続け、3位の座を維持するため、頑張ります」

中本修平 エンジニアリング・ディレクター Honda Racing Development
「今回の予選結果は、我々にとって明らかに期待外れなものでした。しかし昨日からの走行を考えると、マシンは速かったので、明日のレースでは、きっと良い結果を得られると思います」
予選リザルト ページトップへ
順位 No. ドライバー チーム タイヤ タイム
1 7 J.トゥルーリ ルノー M 1:56.232
2 1 M.シューマッハ フェラーリ B 1:56.304
3 8 F.アロンソ ルノー M 1:56.686
4 5 D.クルサード マクラーレン M 1:57.990
5 11 G.フィジケラ ザウバー B 1:58.040
6 2 R.バリチェロ フェラーリ B 1:58.175
7 14 M.ウェーバー ジャガー M 1:58.729
8 12 F.マッサ ザウバー B 1:59.008
9 17 O.パニス トヨタ M 1:59.552
10 6 K.ライコネン マクラーレン M 1:59.635
11 3 JP.モントーヤ ウィリアムズ M 1:59.681
12 9 ジェンソン・バトン B・A・R Honda M 2:00.237
13 15 C.クリエン ジャガー M 2:01.246
14 4 A.ピッツォニア ウィリアムズ M 2:01.447
15 10 佐藤琢磨 B・A・R Honda M 2:01.813
16 18 N.ハイドフェルド ジョーダン B 2:02.645
17 20 G.ブルーニ ミナルディ B 2:02.651
18 21 Z.バウムガルトナー ミナルディ B 2:03.303
19 19 G.パンターノ ジョーダン B 2:03.833
20 16 R.ゾンタ トヨタ M 2:03.895
Honda Racing F1 TOPへモータースポーツTOPへ