MENU

HONDA

検索
Hondaホームページ
モータースポーツ
F1
F1
第15戦 イタリアGP
モータースポーツTOPへ
イタリア Round 15
Italian GP
前ラウンド 次ラウンド 2004 September,12
F1 TOPへ
グランプリ情報
コメント
サーキット情報
TVオンエア情報
 
1日目
予選
決勝
ポイント
第15戦 イタリアGP プレビュー

9月6日(月)

 Lucky Strike B・A・R Hondaは今週末、F1世界選手権第15戦イタリアGPを戦うべく、モンツァへと向かう。通常、グランプリの開催される同じサーキットでのテストは、GP開催28日以内に行うことは禁止されている。しかし超高速コースのモンツァだけに、FIA(国際自動車連盟)も安全上の観点から、この制限を今回は取り払った。B・A・R Hondaは、他のチームと共に、先週ここで3日間のテストを敢行した。幾多の名勝負を繰り広げてきたこのサーキットは、エンジンパワーと空力性能がものをいう。そしてHondaはここで、これまで多くの成功を収めてきた。

 チームはこの3日間のテストで、3人のドライバーが3台のマシンで周回するという、フル体制を敷いた。佐藤琢磨は最初の2日間を担当し、木曜日に1分20秒98のベストタイムを出す。チームメイトのジェンソン・バトンは後半2日間を走り、金曜日には総合2番手となる1分20秒69の自己ベストだった。一方第3ドライバーのアンソニー・デビッドソンは、3日間で234周もの周回を重ね、木曜日に1分20秒36の自己ベストを出した。

 Hondaのヨーロッパ初勝利は、1967年にここで成し遂げられている。同年9月のイタリアGPにおいて、ジョン・サーティースが僅かコンマ2秒差で、レースを制したのだった。それ以来Hondaはここモンツァで、5回の優勝を記録している。1986・87年のネルソン・ピケ(ウィリアムズ・Honda)、1989年のアラン・プロスト(マクラレン・Honda)、そして1990・91年のアイルトン・セナ(同)である。これら通算6回の勝利を挙げたモンツァは、モナコと並んでHondaがもっとも成功を収めたサーキットである。またここでは、68年に同じサーティースが、Honda初のポールポジションも獲得している。レースでも連続優勝が期待されたが、スピンしたマシンを避けようとしてコースアウト。その夢の実現はならなかった。

イタリアにおけるHonda
・Honda Motor Europe Southに属するHondaイタリアは、ヨーロッパのみならず、中東アフリカ圏を含めた市場の中でも、重要な位置づけである。
・Hondaは1976年から、同国で2輪車の生産を開始。現在でもその重要性は変わらない。2輪車生産以外にも、HondaはここにR&Dセンターを設立している。

リザルト ページトップへ

ジェンソン・バトン
「モンツァでのレースが本当に楽しみだ。GP週末の雰囲気は、いつも最高だしね。ここはダウンフォースを削ったセッティングになるので、我々のクルマには有利なはず。シーズン終盤の、今の僕達の目的は、ルノーの前でフィニッシュして、できるだけ多くのポイントを獲得すること。そしてコンストラクターズ選手権2位の座を奪い取ることだ」

佐藤琢磨
「前戦スパで2台ともに完走できなかったのは、本当に残念でした。それだけに余計、今週のイタリアGPには期するものがあります。長い夏休みを経て再開されたテストでは、多くの貴重なデータを収集できました。モンツァは歴史が古いだけでなく、GPサーキットでは唯一、時速360kmに達する超高速コースです。レイアウトは基本的に直線とシケインの組み合わせで、ダウンフォースはできるだけ少なめ。そして縁石に大胆に乗らないとタイムが出ないので、メカニカルグリップがとても重要になります。数少ないオーバーテイクの場所では、ブレーキング時のマシンの安定性がカギを握るでしょう。難しい高速コーナーはほとんどありませんが、モンツァで走るのはいつもわくわくします。今週のレースが、本当に楽しみです」

中本修平 エンジニアリング・ディレクター Honda Racing Development
「全18戦中、モンツァはエンジンの全開率が最も高いサーキットです。そして歴史もあり、雰囲気も抜群なだけに、ここは我々にとって大好きなコースでもあります。レースでは、最高のパフォーマンスをお見せしたいですね」

デビッド・リチャーズ Lucky Strike B・A・R Honda代表
「スパは残念な結果に終わってしまったが、シーズン残り4戦は大いに期待している。トップ3の力を維持するべく、我々は多くの努力を傾注してきた。その力は、最終戦まで十分発揮されると信じている。モンツァテストでは、テストチームが素晴らしい仕事をしてくれた。今期ヨーロッパでの最後のレースとなるイタリアGPで、再び表彰台に上がることを期待している」

クレイグ・ウィルソン B・A・Rチーフレースエンジニア
「ベルギーでは2台リタイアという思わぬ結果に終わったが、ヨーロッパ最終戦のモンツァでは、ぜひ雪辱を期したい。これだけの超高速、そしてできるだけダウンフォースを削るセッティングが要求されるコースは、他にはどこにもない。ここは1速あるいは2速で回るシケインと、長いストレートが組み合わさっている。それだけにブレーキングの安定性、そしてブレーキ自体の冷却性能が非常に重要となる。さらにエンジンとギアボックスの信頼性も、勝敗のカギを握ると言っていい」

Monza Circuit ページトップへ
モンツァ・サーキット
9月12日決勝
サーキットデータ
名称 モンツァ・サーキット
全長 5.793km
決勝 53ラップ(2003年)
1922年に開設された歴史あるサーキット。過去に開催されたイタリアGPは1回を除き、すべてここモンツァで開催されている。3本の直線と1つの大きなコーナーで構成されるグランプリ随一の超高速サーキット。一方、スタート後のシケインは鋭角的に曲がる上に道幅が狭く、難易度が高い。真っ赤に染まったスタンドが印象的だ。
昨年度WINNER
M.シューマッハ(フェラーリ) 1:14'19.838
オンエア ページトップへ
フジテレビ系
「FORMULA1 WORLD CHAMPIONSHIP 2004」
予選 9月11日(土) 25:45〜26:30(一部地域を除く)
決勝 9月12日(日) 22:30〜24:15

フジテレビ 721
「2004 F1グランプリ」
予選 9月11日(土) 19:50〜22:20(生放送)
決勝 9月12日(日) 20:50〜23:10(生放送)
予選 9月18日(土) 14:00〜16:10
決勝 9月19日(日) 14:00〜16:00
※スカパー!、スカパー!2、ケーブルテレビで放送中


※放送日時は変更になる場合があります。最新の情報は、各放送局にお問い合わせください
Honda Racing F1 TOPへモータースポーツTOPへ