MENU
HONDA
検索

走行性能

ライディングポジション

ライダーとマシンとの一体感を高めるライディングポジション。

前モデル(CBR650F)のステップ位置を継承しながら、セパレートハンドルをトップブリッジ下側に締結し、ハンドルを下げることで、ワインディングなどでの頻繁な加減速やコーナリングなどをより楽しめるライディングポジションに設定。一層ライディングそのものに集中したいシーンでのライダーとマシンとの一体感を高めている。また、前後別体式シートはライダーの足つき性に配慮した形状としている。

フレーム

軽量化とマス集中化に貢献するフレーム。

フレームは、スチールの持つしなやかな特性を活かしながら、高効率なダウンドラフト式吸気レイアウトを可能とするツインチューブ形式。スイングアームピボット回りやエンジンハンガー構造などにより軽量化とマスの集中化を実現。市街地からワインディングまでより軽快感のあるライディングを楽しむことができる。

イメージCG

サスペンション

走りの楽しさを支えるサスペンション。

フロントサスペンションには、ショーワ製SFF-BP倒立フロントフォークを採用。右側フォークに減衰機構とスプリングを装備し、左側フォークにスプリングのみを装備したS.F.F.(Separate Function front Fork)は、摺動抵抗の低減と車体の軽量化に貢献。リアサスペンションはスイングアームとの締結部にピロボールを採用し、作動性と路面追従性を追求している。

イメージCG

ブレーキ

ABSを標準装備したブレーキ。

ブレーキはフロントに、φ310mmフローティングディスクとラジアルマウントキャリパーを装着。リアは、φ240mmシングルディスクとシングルポッドキャリパーを装備。また、ABSを標準装備している。

※ABSはライダーのブレーキ操作を補助するシステムです。ABSを装備していない車両と同様に、コーナー等の手前では十分な減速が必要であり、無理な運転までは対応できません。ABS作動時は、キックバック(揺り戻し)によってシステム作動を知らせます。

ホイール

軽快なハンドリングに貢献するホイール。

5本Y字型スポークの軽量化を追求したアルミホイール。軽快なハンドリングに貢献している。