MENU

HONDA

検索

走行性能

エンジン

「CBR」の名にふさわしいエキサイティングな走り。

日常の移動で最も使用頻度が高い低・中回転域では扱いやすさを求めながらも力強くトルクフルであり、高回転域ではパワフルなエンジン特性を追求した、399cm3・水冷DOHC直列2気筒エンジンを搭載。インジェクションシステムの最適化を図ることで、スロットル開度に対してリニアに反応する特性にも磨きをかけた。

エンジン(イメージCG)

エキゾーストシステム

ツインエンジン特有の、パルス感あるサウンド。

マスの集中にも寄与する異型断面ショートマフラーは、テールパイプに二管構造を採用。低回転ではツインエンジン特有のパルス感と歯切れのよさを強調し、高回転になるにつれ高揚感をましていくレーシーな排気サウンドを実現している。

クラッチ

操作性の向上を追求した
アシストスリッパークラッチ。

CBR1000RRと同じ構造をもつアシストスリッパークラッチを採用。クラッチスプリングの最適化を図ることで、クラッチレバーの操作荷重低減と、シフトダウン時の過度なエンジンブレーキの抑制を可能にしている。また、操作時のフィット感を向上させるためにドッグレッグ形状のクラッチレバーも採用した。

アシストスリッパークラッチ カム作動イメージ図

  • 写真はすべて海外仕様車(CBR500R)です。 ※写真はすべて海外で撮影したものです。
  • 走行写真は、プロライダーによる走行を撮影したものです。一般公道で走行する場合は制限速度を守り、無理な運転をしないようにしましょう。