MENU

HONDA

検索

走行性能

Photo:CBR250RR〈ABS〉 車体色はマットガンパウダーブラックメタリック

エンジン

革新のパフォーマンス。
新設計250ccツインエンジン。

低・中速域での力強さと、高回転まで一気に吹け上がる爽快感を両立した新設計の水冷4ストロークDOHC4バルブ直列2気筒250ccエンジン。常用シーンでの扱いやすさに加え、アグレッシブなサーキット走行にも対応するワイドレンジの出力特性を獲得している。ボア×ストローク比は62.0mm×41.3mm。また、アルミシリンダースリーブをはじめ、ピストンに粗条痕やモリブデンコーティングを施すなど独自の軽量化技術・フリクション低減技術も投入。軽量・コンパクト・高出力をシンプルに突き詰め、新世代RRにふさわしいツインエンジンを完成させた。

イメージCG
ピストン
アルミシリンダースリーブ

吸気レイアウト

ダウンドラフト式吸気レイアウト。

吸気レイアウトイメージ

エキゾーストシステム

官能的なエキゾーストサウンド。

Photo:CBR250RR〈ABS〉 車体色はマットガンパウダーブラックメタリック

トランスミッション

パワーをコントロールする実感。

イメージCG

スロットルバイワイヤシステム

250ccクラス初
スロットルバイワイヤシステム。
※Honda調べ(2017年4月時点)

スロットルグリップの開度を機械式ワイヤー構造ではなく電気信号を介して伝達するスロットルバイワイヤシステムを採用。スロットルグリップ操作に対してより緻密なスロットルバルブ制御を図ることにより、上質で安定感ある加速フィールを獲得している。

スロットルバイワイヤシステム概念図

3つのライディングモード

3つの走りのテイストを、自在に楽しむ。

電子制御のスロットルバイワイヤシステムを活かし、好みに合わせて選べる3つのライディングモードを設定。パワーフィールの明快な差を自在に堪能できる。

〈Sport〉  
オールラウンドにリニアな加速を楽しめる標準モード
〈Sport +〉 
より力強い加速が楽しめる、レスポンスを強調したモード
〈Comfort〉 
タンデム時など、よりリラックスした走行が楽しめる快適性を重視したモード

各モードへの切替えは、左ハンドルの「モードスイッチ」で操作。モードの切替えは走行中でもスロットルグリップを全閉にすることで可能。選択されたモードはメーターの液晶パネル右側に表示される。

※写真は機能説明のため任意に点灯したものです。
  • 走行写真は、プロライダーによる走行を撮影したものです。一般公道で走行する場合は制限速度を守り、無理な運転をしないようにしましょう。