走行性能

Photo: CB1300 SUPER FOUR

エンジン

感動の走りの源、CBの最高峰であり続ける証し

エンジンは、PGM-FI採用水冷4バルブDOHCインラインフォア。新採用したスロットルバイワイヤシステムにより高精度な制御を行うことで、よりライダーの感性に響くスムーズかつダイレクトで力強い走りを実現した。吸気系には外側の2気筒と内側の2気筒で長さの異なるφ36mmのエアファンネルを採用。排気系には4into1のエキゾーストパイプと2室構造のマフラーを採用した。これら制御系・吸排気系の変更により、威風堂々とした車体の重量を感じさせない低・中回転域でのリニアなトルク特性とともに、高回転域での出力向上、直4らしい伸びのある走りを追求。さらに、ビッグネイキッドに相応しい力強い走りを実現しながらも、最新の排出ガス規制にも適合している。

クラッチ

よりスムーズな操作を生むアシスト&スリッパー®クラッチ

クラッチレバーの操作荷重軽減に貢献するアシスト機能と、シフトダウンに伴う急激なエンジンブレーキによる後輪ホッピングを軽減するスリッパー機能を備えたクラッチ機構である、アシスト&スリッパー®クラッチを採用。これにより扱いやすさをさらに高め、より快適でスムーズな操作を実現している。

*「アシスト&スリッパ―」は株式会社エフ・シー・シーの登録商標です。

エキゾーストシステム

重厚で官能的な響きを奏でるエキゾーストシステム

排気系にはインラインフォアを主張する4本のパイプがエンジン下部で集合する4into1のエキゾーストシステムと2室構造のマフラーを採用。新設計の排気系を採用することで、低回転域ではより重厚に、高回転域では直4らしい官能的な排気音を生み出す。

Photo: CB1300 SUPER FOUR

スロットルバイワイヤシステム

操る楽しさが進化、スロットルバイワイヤシステム

スロットル開度をアクセルポジションセンサー(APS)で検出し、その電気信号によりECUがスロットルバルブを制御。従来のケーブル式スロットルの自然な操作フィーリングを再現し、違和感のない緻密なスロットル操作を実現するほか、シーン別ライディングモードやクルーズコントロールなどの先進装備の搭載も可能にした。

Photo: CB1300 SUPER FOUR

ライディングモード

シーンに合わせて選択できる、
3つのライディングモード

「SPORT」「STANDARD」「RAIN」。アグレッシブに走るワインディングから安心感を重視したい雨天時の走行まで様々な状況に合わせた3つの走りのキャラクターを選択できるライディングモードを搭載。各モードでの走りのキャラクターに合わせてON/OFF可能なHonda セレクタブル トルク コントロールを採用し、走行シーンにマッチした走りを提供する。

STANDARD
運動性能と快適性を両立した標準的な走行モード
SPORT
レスポンス重視の力強い加速感を強調した走行モード
RAIN
トルクを制御、穏やかな加減速特性とした走行モード

※Honda セレクタブル トルク コントロールはスリップをなくすためのシステムではありません。あくまでもライダーのアクセル操作を補助するシステムです。したがって、Honda セレクタブル トルク コントロールを装備していない車両と同様に、無理な運転までは対応できません。

Photo: CB1300 SUPER FOUR
Photo: CB1300 SUPER FOUR

クルーズコントロール

上質で快適なクルージングをもたらすクルーズコントロール

高速道路での巡航など一定の条件下で、設定した速度を保つクルーズコントロールを採用。スロットルバイワイヤシステムとの連動により、よりスムーズな指定速度への移行や、勾配などの走行環境に左右されにくい快適なフィーリングが得られる。

Photo: CB1300 SUPER FOUR

クイックシフター

アップダウン対応クイックシフター[純正アクセサリー]

シフト操作を電気信号に変換。燃料噴射タイミングや点火時期などをコントロールし、スロットルとクラッチの操作をすることなく、より迅速かつ確実でスムーズなシフトアップとシフトダウンを実現する専用設計のクイックシフターを純正アクセサリーとして設定。

*発進停止時を除く。

Photo: CB1300 SUPER FOUR