MENU

HONDA

検索

走行性能

Photo:CB1300 SUPER FOUR

フレーム

威風なる存在を、存分に乗りこなす醍醐味。

フレームはデュアルバックボーンを備えるダブルクレードル・フレーム。しなやかさとしっかりとした剛性を合わせ持ち、軽快なスポーツライディングと高速走行時の安定感を追求。また、シートレール部の補強や各部の剛性バランスの最適化により、リアキャリアやトップボックス、パニアケースなどのアクセサリーに対応している。

フロントサスペンション

手応えあるハンドリングを追求したフロントサスペンション。

フロントサスペンションには、手応えあるハンドリングと適切なダンピング特性を実現する、極太φ43mmカートリッジタイプを採用。フロントフォークにはメッキ処理後にウルトラバフ仕上げを施し、低フリクションのダストシールとともにスムーズな作動性を発揮。また、ライダーの好みに応じて伸び側のダンピング特性を無段階でセッティング可能としている。

Photo:CB1300 SUPER FOUR

リアサスペンション

回頭性を追求し、ニュートラルなハンドリングを目指したリアサスペンション。

リアサスペンションは、アルミ製スイングアームと2本クッションを組み合わせ、スイングアームのアルミ鍛造製エンドピースは、アーム本体と斜めに結合することで高い剛性を確保。2段スプリングを採用したショックユニットは、ダンパーロッド径をφ14mmとし、伸び側15段、圧側4段のダンピングアジャスターを装備。好みに応じたセッティングを可能にするとともに、軽快なハンドリング性能と快適な乗り心地に寄与している。また、前後のサスペンションセッティングを変更し回頭性を追求。車重を感じさせないニュートラルなハンドリングとすることで、巨体を意のままにコントロールする喜びを実現。

Photo:CB1300 SUPER FOUR

ABS

前・後輪のロックを回避するABS。

ブレーキには、ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)を採用。前・後輪に装備した車輪速センサーからの情報をもとに、走行中、自己診断機能付ECUがタイヤのロックを監視。ブレーキのかけ過ぎや急な路面変化によるタイヤのロック傾向を検知するとタイヤのロックを回避し、車体コントロールをサポートする。

※ABSはライダーのブレーキ操作を補助するシステムです。ABSを装備していない車両と同様に、コーナー等の手前では十分な減速が必要であり、無理な運転までは対応できません。ABS作動時は、キックバック(揺り戻し)によってシステム作動を知らせます。

Photo:CB1300 SUPER FOUR

ブレーキ

ビッグマシンのための、安心感ある足元。

フロントブレーキ本体は、対向4ポットキャリパーと軽量・大径のφ310mmフローティングディスクをダブルで装着した基本構成はそのままに、キャリパーピストンサイズを最適化し、コントローラブルな特性とした。リアブレーキは、φ256mmの小径シングルディスクに、キャリパーも軽量・コンパクトなシングルピストンとし、制動性能の前後バランスを確保した。フロントブレーキレバーは6段階の調節タイプ。小径マスターシリンダーとラバーホースにより、的確な制動をかけられるようにしている。ホイールは剛性バランスを追求した左右にクロスする10本スポークホイールを採用。バネ下重量の低減にも寄与している。

Photo:CB1300 SUPER FOUR