•                    
  • 検索結果一覧
  •                    
シビック TYPE R
工場の煙と自然の中で

工場の煙と自然の中で

シビック TYPE R 
ゆっくん
40代/男性/愛媛県 2021年5月9日投稿

以前の愛車は走行距離が18万kmを超えて、20万kmを目指して車検を通したばかりの時にトラブルが発生。何とか自宅まで自走でたどり着き、レッカーでディーラーまで運搬してもらいました。自宅でレッカーを見送ったときは、修理されて帰ってくると思っていましたが、思いの外トラブルは深刻で廃車にすることに…。
次の愛車はNAエンジンを搭載した車としては最後になるかと思っていたため、漠然と300馬力以上のエンジン車が欲しいと思っていました。
シビック TYPE Rは前期型が出た時に少し欲しいと思っていましたが、Honda SENSINGが付いていないことや、自分にはリアウイングが大きいと感じ候補からは外れていました。(約20年前にインテRからS2000に乗り換えた際に、リアウイングを卒業しようと思ったことを今でも覚えています。)
しかし、シビック TYPE Rは後期型でHonda SENSINGが装備され、リアウイングに対しての気持ちも“派手であろうが何であろうが自分の好きな車に乗ることが一番”と変化したことで、シビック TYPE Rを購入するに至りました。
今思えば前の愛車の壊れるタイミングやディーラーの担当さんのサポート、シビック TYPE Rの発売のタイミングやその他さまざまな要因がうまく重なって運よくシビック TYPE Rを購入することができました。
シビック TYPE RとS2000、Hondaスポーツモデルの2台同時所有になりますが、できる限りこの2台に乗り続けていきたいと思っています。

総合評価

★★★★★

お気に入りポイント

  • 外観
  • 走行性能
  • 乗り心地
  • 安全性能
  •                             
  • 検索結果一覧
  •                           
PAGE TOPへ