•                    
  • 検索結果一覧
  •                    
シビック TYPE R
出会った時がお買い時!

出会った時がお買い時!

シビック TYPE R 
ライアンの兄
40代/男性/新潟県 2020年6月25日投稿
クルマのご購入を考えたきっかけ
オデッセイ HYBRID ABSOLUTEを所有していましたが、生活環境が変わりミニバンを必要としなくなったことから乗り換えを検討し始めました。今年2月から候補車選びをスタートしたのですが、元々セダン好きということもあり、アコードかインサイトのどちらかに決めようと思っていました。ところが長年お付き合いのある担当者さんから『マニュアル車に抵抗がなければシビック タイプRもありなんじゃない?』との提案が。なるほどボディサイズは3台ともどっこいどっこいで家の駐車場も問題なし、違ってくるのは購入金額と維持費(燃料代、タイヤ代、保険料等)といった金銭的なもので、頭の中では計算が始まっていました。前車オデッセイ HYBRIDは約5万キロを走行しましたが、モーター駆動による滑らかな加速やリッターあたり19.2キロの低燃費は通勤の足としては最高の相棒でしたので、同じシステムのハイブリッド車2台に魅力を感じつつも一度は所有してみたかったタイプRを手にする最後のチャンスかも、との考えから最終的に候補はタイプRの一択となっていました。夏にマイナーチェンジモデルが出るとの発表がなされていたので、その辺りで乗り換えを決めたいと考えていました。
ご購入までのエピソード・ストーリー
しかしながら、発売延期のアナウンスが。ホント車ってなかなか自分が考えた通りに上手くいかないものですね。こればかりはどうすることも出来ないので購入計画も延期することになりました。そんな6月のある日、営業担当者さんから電話が入りました。『2018年登録の中古車が入ったんですけど見に来ませんか?』とのお誘いでした。正直、中古車の購入は考えてなかったのですが、参考程度に見学させてもらうことにしました。現地に待っていたのはチャンピオンシップホワイトのタイプR。丁寧に乗られていたようでとても状態の良いものでした。間近で目にすることがなかったのでワクワクな数分間を過ごしました。ワイドなフロントフェイスに大型のリアスポイラーは迫力満点でやっぱりカッコいい!とはいえマイナーチェンジモデルのことが気になっていたこともあり即決はできず、返事を1日待ってもらうことにしました。
何が購入の決め手になりましたか?
結局は翌日に契約することになりましたが、購入の決め手になったのは、
1.実車の状態がとても良かったこと(走行距離は約8,000キロ)
2.自分が付けようと思っていたオプションがすでに付いていたこと(ナビ、ドラレコ、ボディコート、アンダーコート等)
3.マイナーチェンジモデルの発売時期が未定であり、来年になるとオデッセイの下取りも悪くなること。
4.タイプRへの強い憧れ。
5.出会った時がお買い時的な絶妙なタイミング。
6.あまり見かけないモデルなところ(最終型プレリュードにも乗っていましたが、あの車もあまり見かけず目立ちましたね)
といったことでしょうか。
同じクルマを検討している人へアドバイス
幅広のボディは慣れが必要ですし、低扁平タイヤは段差の乗り越えに気を使います。ですが久しぶりのマニュアル車は運転していて楽しいですし、そのワクワク感はたまりません。ヤンチャなイメージのあるタイプRでしたが、ボディ剛性の高さと電子制御ダンパーのおかげで安定感のある走りには驚かされました。チャンスがあったら是非お試しを!

総合評価

★★★★★

お気に入りポイント

  • 外観
  •                             
  • 検索結果一覧
  •                           
PAGE TOPへ