アコード ユーロR
頑固一徹
頑固一徹
頑固一徹

頑固一徹

アコード ユーロR 
LucyInTheSky
60代/男性/三重県 2019年2月25日投稿

私のアコードを見て、高級セダンと勘違いされて過大に評価していただく方もおられるが、多少お世辞含みのお上手言葉と思いつつも、悪い気はしないが逆になんとなく気恥ずかしくなり、決して高級ではなくてスポーツタイプの大衆車である旨、その都度誤解のないように思ったままを説明している。確かに今の車社会ではミニバンタイプが多くを占めているように見受けられるため、セダンタイプの車は一昔前ほどは多くはないと思われ、特に私のアコードのように一見ごく普通のセダンでありながら、マニュアル車というタイプは限られており、今のご時世ではスポーツカーにおいてもオートマ車が主流であることから、時代の流れに乗り遅れた希少な存在なのかもしれない。私のアコードはどこにもであるような普通のセダンでありながら、マニュアル車であることがマニュアル派の私にとっては引き付けられるこの上ない魅力となっており、アコードのほかには私が乗ってみたいと思える車は、今のところ見当たらないのである。人によっては年齢が進むにつれて、一般的に運転が楽であるという理由でオートマ車を好む傾向にあるようだが、私自身はマニュアル車を運転操作することが楽しくてしかたがなく、たとえ渋滞しているときでもマニュアル車を面倒だと感じたことはないし、マニュアル車のおかげでペダルを踏み間違えたことも一度もないのである。これから先、私も年齢とともに老化もすすみ、車への想いや好み、考え方など変わっていくことも予想されるが、親しい友人から見てもよく言えば意志強固、悪く言えば意固地で頑固者で通っている私ゆえに、きっと今のアコードを身体が動く間は乗り続けていくであろうと皆から太鼓判をおされているのである。年金生活者であるがゆえに維持管理費用も考慮しなければならず、負担軽減のために今後可能性は低いと思われるが、もし万一買い替えるとすれば、同じ6速マニュアルであるHonda S660かもしれないと友人には伝えてあるのだ。と言いつつも、今の私にはアコードを手放すことは全く考えられず、一心同体で永遠に乗り続ける覚悟でいる。

総合評価

★★★★★
PAGE TOPへ