MENU
HONDA
検索
Honda車ユーザーの愛車自慢!
アコード ユーロR
チェンジオブペース

明日から学生時代の友人とアコードで、昨年秋の山口県は本州最西端のツアーに続いて山陰を巡るツアーを予定していたのだが、諸事情により中止となってしまった。アコードをはじめ、楽しみにしていただけに落胆の気持ちも大きいものがある。今回はアコードによる久々のロングツアーだったことから、アコードの無念さがひしひしと伝わってくる。今年もすでに三分の二が過ぎ去り、残り三分の一となったが、今の段階でアコードは年明けから11,500kmを走行していることから、現在のペースで走り続ければ、年間の走行距離が登録してから13年目で初めて20,000kmに届かないことになりそうである。アコードにとっては物足りなく思うかもしれないが、私のわがままで必要以上に走行距離をのばすことに躍起となり、無駄な労力を費やして消耗してしまったり、アコードの寿命を縮めてしまう結果となってはいけないので、少しペースを落としてゆっくり落ち着いて、ゆとりを持って焦らず走行することも大事なのだと思い返せる年となりそうである。併せて、私の年齢を考えれば、アコードも納得できる妥当な走行状態であろうと思えることから、今後も年々、走行距離が減少していく傾向にあるだろうと推察できるのだ。友人からも常に私に対して、アコードを酷使していると厳しく指摘をもらっており、今のペースでいけば友人からの偏見は間違いなく解消されるであろう。私の望むことは、アコードも私自身も共に元気で長生きをして、できる限りこれからも現役ドライバーとしてハンドルを握り続けることであるのだ。近い将来、加齢による老化やボケが進行すれば、自ずと免許の更新もままならず、その時点で車の運転は諦めざるを得ないことになるが、今のアコードが私自身の運動機能の維持やボケ防止に貢献してくれていることから、アコードに感謝しつつ、またハンドルを握ることができることへのありがたさも忘れずに、常に謙虚な気持ちでこれまで以上により慎重な運転に心がけるよう、自分自身に言い聞かせてる今日この頃である。

総合評価
プロフィール
Yellow Submaさん
60代
男性
三重県
アコード ユーロR
2018年9月3日投稿
PAGE TOP