MENU

HONDA

検索
安全運転のポイント「バイク編」
SAFETY POINTSAウエア
ウエアはあなたをサポートします。長袖・長ズボンを常に着用しましょう。
 ライディング時の装備は、運転するあなたをサポートしてくれる大切な道具です。そのため、運転時は長袖、長ズボンを着用して
素肌の露出を抑えてください。万が一の転倒の際はもちろんのこと、走行風による体温の低下、日焼けによる疲労などを軽減します。

軽装になりがちな夏や、外気温の低い冬場、そして夜間走行の際には、さらに装備に気を使いましょう。
よいものを正しく身につけることが、快適で安全な運転につながります。

このファッションが基本です
イラスト
ヘルメット
必ず「SG規格・PSCマーク」の付いたヘルメットを選びます。
緩すぎず、きつすぎないものを選び、きちんとアゴひもをしめましょう。
また、シールド付きのものは、シールドのキズにも注意してください。光の乱反射を起こし視界の妨げになることがあるので、キズのあるものは使用を控えましょう。
また、夜間走行時に濃色のシールドは避けましょう。
ジャケット
長袖ジャケットは、
@ハンドル操作を妨げないもの
A他車から認識されやすい目立つ色のもの
B保護性が高いもの
C冬は防寒、夏は通気性の高いもの
を選びましょう。さらに肩やひじなど要所要所にパッドが入っているものが理想的です。また、夜間走行する際は反射板入りのものを選びましょう。
グローブ
摩擦に強い皮製のものがベスト。手の動きを妨げないものを選びましょう。
冬用には防寒性を考慮したタイプ、夏用には通気性を考慮したタイプもあります。
パンツ(ズボン)
ジーンズや皮製などの長ズボンで、縫製、素材がしっかりとしたものを着用します。すそがヒラヒラしているものは適しません。スカートの着用は避けてください。
シューズ
くるぶしの隠れるカカトのある靴を選びましょう。くるぶし、チェンジペダルに当たる
部分にパッドのついたものがお勧めです。
  ページのTOPへ
雨の日のウエア
レインウエア
防水性が高く、ムレにくいものを選びましょう。縫い目をシールなどで防水加工したものがよりお勧めです。雨の日は視界が悪くなるので、明るく目立つ色のものを選んでください。また厚手のジャケットの上に着ることを考え、1サイズ大きめがよいでしょう。
レイングローブ、ブーツカバー
雨に濡れると、手足の指先がまっさきに冷えてきます。冷えた手足ではライディング操作がしにくくなります。防水性が高いレイングローブやブーツカバーは必需品です。操作性、保温性が高く、縫製、素材のしっかりしたものを選びましょう。
  ページのTOPへ
冬場の快適走行のコツ
重ね着
体温を外に逃がさない重ね着方法を実践すれば、着ぶくれしなくてすみます。下着は保温性・吸湿性が高いもの、インナーはフリース素材など保温性の高いもの、ジャケットは首回りや袖口からの風の進入を防ぐ作りをしたもので、防寒性、保温性が高いものを選びます。ハンドル操作を妨げない選択が基本です。
足の保温
上半身同様、下半身にも気を配りましょう。専用のオーバーパンツや、アンダーパンツを履くと体温を奪われにくくなります。
  ページのTOPへ
ATTENTION 風と体感温度
風速1メートルで1℃低下、夏も長袖で疲れを低減
体感温度は、気温と風の強さ、湿度などで決まり、風を受けると体感温度は低くなります。だから半袖で、皮膚を風にさらして走り続けると、体が冷えて疲労につながります。
 また日焼けも疲労につながります。長袖は風からだけでなく、太陽の日差しからもあなたを守っています。
※平凡出版「気象の辞典」体感温度より

Hondaでは初心者を対象としたカリキュラムを、全国7箇所のHondaモーターサイクリスト・スクールで開催しています
Honda モーターサイクリスト・スクール スクール概要