MENU

HONDA

検索
安全運転のポイント「バイク編」
SAFETY POINTSBコーナリング
コーナリングの鉄則は、進入までの十分なスピードダウン。
 コーナーには、コーナーの大きさと路面状況によって、どんなライダーにも超えることのできない限界速度があります。また見通しがきかないコーナーでは、途中の障害物や路面状況の変化などを実際に確認することが遅くなりがちです。さらにコーナー途中でブレーキングを行なうと、バランスを崩し転倒する恐れもあります。コーナー手前のストレート部分で、余裕をもって曲がれるスピードにまできちんと減速しコーナーに進入しましょう。
もちろん交差点などを右左折する場合も基本は同じです。常に前方の情報を収集しながら走りましょう。

コーナーを安全に走るためのセーフティポイント
コーナーを安全に走るためのセーフティポイント
  ページのTOPへ
ATTENTION コーナーでの視線
目線は常に水平に保ち、先の先を見る
両目を動かさない状態で確保できる視野は水平方向に約200°垂直方向に約140°と一般的に言われています。また、はっきりモノを判別できるのは中心から左右1.5°程度。コーナリング中は、コーナー出口を視野の中心でしっかり捉えるよう、積極的に進行方向へ視線を向け、広く情報をとることが大切です。この時、頭と路面を垂直に保たないと感覚にズレが生じます。だから目線は水平に保ってください。
・垂直視野・水平視野
Honda安全運転普及本部発行「SAFETY RIDING」より

Hondaでは初心者を対象としたカリキュラムを、全国7箇所のHondaモーターサイクリスト・スクールで開催しています
Honda モーターサイクリスト・スクール スクール概要