MENU
HONDA
検索
  • 回収の開始日:令和3年3月31日

船外機 BF175D、BF200D、BF225D、BF250Dの無償修理

概要

不具合の部位(部品名)

原動機(ウォーターチェックチューブ)

不具合の状況

検水口とウォーターチェックチューブの接続部の保持力が不適切なため、検水口が堆積物により詰まった状態で急加減速を繰り返すと当該チューブが外れ、エンジンカバー内に水がたまることがあります。そのため、そのまま使用を続けると燃料ポンプの端子部分が腐食し、最悪の場合、断線してエンジンが停止するおそれがあります。

なお、プライマバルブの操作を行うことで、再始動は可能です。

改善箇所説明図

改善の内容

検水口とウォーターチェックチューブの接続部にクリップを取付けます。また、燃料ポンプの端子を点検し、腐食している場合は、燃料ポンプを良品と交換します。

対象範囲

型 式

製品名

対象の製造番号の範囲及び製作期間

対象の台数

BBSJ

BF175D

BBSJ-1010019~BBSJ-1010037 

令和元年6月13日~令和元年7月10日      

4

BBRJ

BF200D

BBRJ-1000534~BBRJ-1010964

平成30年11月26日~令和元年12月9日

14

BBPJ

BF225D

BBPJ-1000350~BBPJ-1011092

平成30年11月26日~令和2年7月2日

26

BBPJ-8000127~BBPJ-8010434

平成30年11月26日~令和2年1月13日

BBNJ

BF250D

BBNJ-1001144~BBNJ-1013379

平成30年11月27日~令和2年7月16日

60

BBNJ-8000289~BBNJ-8010895

平成30年11月27日~令和2年7月1日

(4型式)

(4機種)

(製作期間の全体の範囲)

平成30年11月26日~令和2年7月16日

(計104台)

  • ※対象範囲の一部には、改修対象ではない製品も含まれています