MENU

HONDA

検索
  • 自主改善開始日:平成30年7月27日

モトクロス競技専用車 CRF250Rの自主改善

弊社が製造、販売したモトクロス競技専用車 CRF250Rにおいて、不具合があることが判明しました。

当該車両をご購入されたお客様には、クラッチアウターとジャダースプリングを対策品と無償交換させていただきますので、最寄りのHonda販売店にご連絡くださいますようにお願い申し上げます。

概要

不具合の内容

クラッチアウター形状とジャダースプリング熱処理が不適切なため、高いエンジン回転数で走行を繰り返した場合、クラッチアウターが高温になり、材料強度が低下することがあります。そのため、そのままの状態で使用を続けると、クラッチアウターが破損して異音が発生し、最悪の場合、破損した部品が原動機内のギヤ間に噛み込み、後輪がロックするおそれがあります。

改善の内容

クラッチアウターとジャダースプリングを対策品と交換します。

使用者に周知させるための措置

・ダイレクトメール等で使用者へ通知します。

対象範囲

車 名

通称名

対象車の車台番号の範囲

及び製作期間

対象車の台数

ホンダ

CRF250R

ME12-1000001~ME12-1000417

平成29年10月16日~平成30年4月19日

417

JH2ME1235JK003410~JH2ME1235JK003411

平成30年2月2日

 2

 

(計1車種)

(製作期間の全体の範囲)

平成29年10月16日~平成30年4月19日

(計419台)

  • ※対象車の製作期間は、ご購入の時期と異なります。