MENU

HONDA

検索
  • リコール届出番号:1147
  • 届出日:平成16年6月30日
    リコール開始日:平成16年7月1日

シルバーウイングのリコール

概要

不具合の部位(部品名)

メインスタンドブラケット

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状態及びその原因

メインスタンドを取り付けるブラケットにおいて、当該スタンドを締め付けるナットとブラケットの溶接部に隙間があるため、当該スタンドの操作を繰り返すとナットの溶接部が剥がれるものがある。 そのため、そのまま使用を続けると走行時の振動等によりスタンドの締付けボルトが弛んで抜け落ち、当該スタンドがブラケットから外れてタイヤと干渉し、タイヤを損傷するおそれがある。 または、外れたスタンドが他の交通の安全を妨げるおそれがある。

改善箇所説明図

改善措置の内容

メインスタンド取付けブラケットの形状を点検し、旧型ブラケットの場合はボルトとワッシャー及びナットを対策品に交換する。 新型ブラケットの場合はボルト、ワッシャー、ナット及びブラケットを対策品と交換する。

自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置

・使用者:ダイレクトメールで通知する。
・自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
・改善実施済車には、車台番号付近にNo.1147のステッカーを貼付する。

対象範囲

車名

型式

通称名

対象車の車台番号の範囲及び製作期間

対象車の台数


ホンダ

BC-PF01

シルバーウイング
<600>

PF01-1000011~PF01-1003971
平成13年3月27日~平成14年2月4日

3,961

PF01-1100001~PF01-1100518
平成14年2月20日~平成15年1月22日
518
PF01-1200006~PF01-1200405
平成15年1月21日~平成15年8月22日
400

BC-NF01

シルバーウイング
<400>
NF01-1000013~NF01-1001241
平成14年11月18日~平成15年1月21日
1,229
NF01-1100001~NF01-1100379
平成14年12月6日~平成15年8月21日
379

   

(計2)

(計1車種)

(製作期間の全体の範囲)
平成13年3月27日~平成15年8月22日

(計6,487)