MENU
HONDA
検索
  • 改善対策届出番号:614
  • 届出日:令和3年5月20日
    開始日:令和3年5月21日

ステップワゴンの改善対策

概要

不具合の部位(部品名)

車体(テールゲートオープンステーボールジョイント)

不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因

テールゲートオープンステーにおいて、下側ボールジョイントと車体側ボールスタッドの取付部構造が不適切なため、ボールジョイントとボールスタッドを固定するクリップが変形し、浮き上がることがあります。そのため、そのままの状態で使用を続けると、テールゲート開閉の繰返しにより、ボールジョイントが車体から外れ、テールゲートが突然降下するおそれがあります。

改善箇所説明図

改善対策の内容

テールゲートオープンステー及びボールジョイント外れ防止カバーを新品に交換します。なお、改善対策部品の供給に時間を要することから、暫定措置として、下側ボールジョイントと車体側ボールスタッドの取付部を結束バンドで固定します。

自動車使用者及び自動車特定整備事業者等に周知させるための措置

・使用者:ダイレクトメール等で通知します。

・自動車特定整備事業者等:日整連発行の機関誌に掲載します。

対象範囲

車名

型式

通称名

対象車の車台番号の範囲及び製作期間

対象車の台数

ホンダ

DBA-RP1

ステップワゴン

RP1-1104414~RP1-1111199
平成28年11月14日~平成29年8月10日

6,786

RP1-1200001~RP1-1202855
平成29年9月11日~平成30年8月22日

2,854

RP1-5100076~RP1-5100203
平成28年11月14日~平成29年8月8日

128

RP1-5200001~RP1-5200101
平成29年9月20日~平成30年8月8日

101

DBA-RP2

RP2-1101169~RP2-1102631
平成28年11月18日~平成29年8月10日

1,463

RP2-1200001~RP2-1201075
平成29年9月12日~平成30年8月22日

1,074

RP2-5100035~RP2-5100082
平成28年11月16日~平成29年8月3日

48

RP2-5200001~RP2-5200062
平成29年9月23日~平成30年8月8日

62

DBA-RP3

RP3-1113888~RP3-1132975
平成28年11月14日~平成29年8月8日

19,088

RP3-1200014~RP3-1222848
平成29年9月5日~平成30年8月22日

22,833

RP3-5100068~RP3-5100131
平成28年11月17日~平成29年8月9日

64

RP3-5200002~RP3-5200106
平成29年9月20日~平成30年8月20日

105

RP3-6100752~RP3-6102296

平成28年11月15日~平成29年8月8日

1,545

RP3-6200002~RP3-6200103
平成29年9月20日~平成30年8月21日

100

DBA-RP4

RP4-1102498~RP4-1105612
平成28年11月14日~平成29年8月9日

3,115

RP4-1200004~RP4-1205374
平成29年9月5日~平成30年8月22日

5,371

6AA-RP5

RP5-1050001~RP5-1074131
平成29年9月5日~平成30年8月22日

24,128

 

(計5型式)

(計1車種)

(製作期間の全体の範囲)
平成28年11月14日~平成30年8月22日

(計88,865台)

  • ※本件は、平成30年11月15日付け届出番号「558②」にて改善対策届出を行ったものですが、新たな原因が判明したことから、再度届出を行うものです。
  • ※対象範囲の一部には、改修対象ではない車両も含まれています。

交換修理用部品として出荷し、組付けられた車両が特定できないもの

対象の製品名

部品番号

対象部品の出荷期間

対象数

R側テールゲート
オープンステーASSY

74820-TAA-003

平成28年9月11日~平成30年12月28日

2,735

L側テールゲート
オープンステーASSY

74870-TAA-003

平成28年9月14日~平成30年12月28日

2,596

 

合計

(計5,331個)

  • ※交換修理用部品が組付けられた車両は、同様の改善を実施します。