MENU

HONDA

検索
  • リコール届出番号:3701
  • 届出日:平成27年11月26日
    リコール開始日:平成27年11月27日

N-WGN、フィットのリコール

概要

不具合の部位(部品名)

原動機(点火コイル)

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状態及びその原因

点火コイル内部の電気ノイズを除去する雑防抵抗の構造が不適切なため、点火時の通電によるアーク放電により、当該抵抗端末部が断線するものがあります。そのため、点火コイルの出力が不足してエンジン不調となり、エンジン警告灯が点灯するおそれがあります。また、点火時に発生するノイズにより燃料噴射装置が正しく制御できず、エンジンが停止するおそれがあります。

改善箇所説明図

改善措置の内容

点火コイルを対策品と交換します。

自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置

・使用者:ダイレクトメール等で通知します。

・自動車分解整備事業者:使用者を全て把握していることから、周知のための措置は行いません。

・改善実施済車には、運転者席側ドア開口部のドアストライカー付近にNo.3701のステッカーを貼付します。

対象範囲

車名
型式
通称名
対象車の車台番号の
範囲及び製作期間
対象車の台数
備考
ホンダ
DBA-JH1
N-WGN
JH1-1090075~JH1-1092902
平成26年8月7日~平成26年8月29日
28
 
DBA-GK3
フィット
GK3-1050351~GK3-1055424
平成26年8月4日~平成26年9月2日
2

 

(計2)
(計2車種)
(製作期間の全体の範囲)
平成26年8月4日~平成26年9月2日
(計30)

   

  • ※対象範囲の一部には、改修対象ではない車両も含まれています。
  • ※本件は、平成26年10月23日付け、届出番号「3457」にてリコール届出を行ったものですが、対象車両の選定に一部誤りがあったことが判明したため、対象車両を追加して届出するものです。