MENU

HONDA

検索
  • 改善対策届出番号:373
  • 届出日:平成20年9月4日
    改善対策開始日:平成20年9月5日

ステップワゴン、CR-Vの改善対策

概要

不具合の部位(部品名)

舵取り装置(パワーステアリングポンプ)

不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状態及びその原因

油圧式パワーステアリングポンプのベーン(羽根)先端部表面の硬化処理が不適切なため、ベーンが摩耗して摩耗粉が当該ポンプ内やオイルタンク内に詰まる場合がある。 そのため、そのまま使用を続けると、ポンプからのオイル吐出流量が減少してハンドルの操作力が増大するおそれがある。

改善箇所説明図

改善対策の内容

パワーステアリングポンプのシリアル番号を確認し、対象となるものはパワーステアリングポンプを良品と交換すると共に、パワーステアリングギヤボックス一式、フィードホース及びオイルタンクを新品と交換する。

自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置

・使用者:ダイレクトメールで通知する。

・自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載する。

・改善実施済車には、その旨を点検整備記録簿に記載する。

対象範囲

車名

型式

通称名

対象車の車台番号の範囲及び製作期間

対象車の台数


ホンダ

DBA-RG1

ステップワゴン
RG1-1202142~RG1-1203511
平成19年2月16日~平成19年2月22日
1,224
RG1-5200001
平成19年2月21日
1
DBA-RG2
RG2-1200350~RG2-1200457
平成19年2月19日~平成19年2月21日
108
DBA-RG4
RG4-1200001
平成19年2月19日
1
DBA-RE3

CR-V
RE3-1003397~RE3-1003461
平成19年2月16日~平成19年2月20日
65
DBA-RE4
RE4-1009289~RE4-1009463
平成19年2月16日~平成19年2月20日
174
 

(計5)

(計2車種)

(製作期間の全体の範囲)
平成19年2月16日~平成19年2月22日

(計1,573台)

  • ※対象範囲の一部には、改修対象ではない車両も含まれています