MENU

HONDA

検索
  • リコール届出番号:1212
  • 届出日:平成16年9月7日
    リコール開始日:平成16年9月8日

アコード、アコードワゴンのリコール

概要

不具合の部位(部品名)

(1)灯火装置(前照灯)
(2)電気装置(電気配線)

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状態及びその原因

(1)ディスチャージ(HID)仕様の左側ヘッドランプで、ハウジングとレンズの組み立てが不適切なためシール位置がずれ、シールが部分的に剥がれて雨水等が浸入するものがある。 そのため、浸入した水がヘッドランプ内側下部のコントロールユニットに入って電圧制御回路が短絡し、前照灯が点灯しなくなるおそれがある。

改善箇所説明図

(2)トランク内に取り付けている電気配線の保護方法が不適切なため、電気配線を車体へ留めるハーネスバンドクリップ部で屈曲が強くなり、トランクリッド開閉の繰り返しにより電気配線の保護テーピングが損傷するものがある。 そのため、そのまま使用を続けると、配線の芯線が断線し、番号灯や後退灯、および尾灯が点灯しなくなるおそれがある。

改善箇所説明図

改善措置の内容

(1)当該ヘッドランプのシール状態を点検し、シール性に不具合があるものは対策品のヘッドランプ及び新品のコントロールユニットに交換する。また、不具合がないものは対策品のヘッドランプに交換する。
(2)電気配線のハーネスバンドクリップ部の保護テーピング状態を点検し、テーピングに損傷があるものは当該電気配線を対策品と交換する。
また、損傷がないものは樹脂製の保護チューブを追加する。

自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置

・使用者:ダイレクトメールで通知する。
・自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
・改善実施済車には、後面ガラス左下隅にNo.1212のステッカーを貼付する。

対象範囲

車名

型式

通称名

対象車の車台番号の範囲及び製作期間

対象車
の台数

備考

ホンダ



UA-CL7

アコード


CL7-3000010~CL7-3011685
平成14年10月2日~平成16年1月28日
11,676
(1) 7,394
(2)11,676
CL7-5000001~CL7-5000006
平成15年7月23日~平成16年1月13日
6
(2)
LA-CL7
CL7-1000013~CL7-1003769
平成14年10月2日~平成16年1月28日
3,757
(1)1,961
(2)3,757
ABA-CL7
CL7-1050001~CL7-1050810
平成16年2月4日~平成16年6月26日
810
(2)

CBA-CL7
CL7-3050001~CL7-3052500
平成16年2月4日~平成16年6月30日
2,500
(2)
CL7-5050001~CL7-5050003
平成16年3月25日~平成16年5月25日
3
(2)

LA-CL8
CL8-1000015~CL8-1001527
平成14年10月3日~平成16年1月27日
1,513
(1) 901
(2)1,513
CL8-5000001~CL8-5000002
平成15年7月23日~平成15年12月4日
2
(2)

ABA-CL8
CL8-1050001~CL8-1050301
平成16年2月4日~平成16年6月29日
301
(2)
CL8-5050001~CL8-5050002
平成16年4月20日~平成16年6月29日
2
(2)

LA-CL9
CL9-1000022~CL9-1008981
平成14年10月2日~平成16年1月29日
8,945
(1)6,306
(2)8,945
CL9-5000001~CL9-5000002
平成15年10月8日~平成15年12月4日
2
(2)

ABA-CL9
CL9-1050001~CL9-1051072
平成16年2月4日~平成16年6月29日
1,072
(2)
CL9-5050001~CL9-5050005
平成16年3月22日~平成16年6月22日
5
(2)
UA-CM2

アコードワゴン
CM2-3001083~CM2-3001375
平成14年12月9日~平成14年12月13日
208
(1)
LA-CM2
CM2-1001720~CM2-1002028
平成14年12月9日~平成14年12月13日
247
(1)
LA-CM3
CM3-1000357~CM3-1000429
平成14年12月9日~平成14年12月12日
53
(1)

   

(計11)

(計2車種)

(製作期間の全体の範囲)
平成14年10月2日~平成16年6月30日

(計31,102)

(1)17,070
(2)30,594
  • ※対象範囲の一部には、改修対象ではない車両も含まれています。