MENU

HONDA

検索
  • リコール届出番号:966
  • 届出日:平成15年7月23日
    リコール開始日:平成15年7月24日

ホライゾンのリコール

※車両製作会社のいすゞ自動車(株)よりリコールの届出を致しました。

概要

不具合の部位(部品名)

エンジン(燃料噴射装置)

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状態及びその原因

エンジンの燃料噴射装置において、インジェクター部のオーリングの耐熱性が不十分なため、経時劣化によりシール性能が低下し、燃料がエンジンオイルに混入してオイルパンの油量が増大するものがあり、そのまま使用を続けるとブローバイホースを通して吸気管に燃料の混入したオイルが入り、エンジンの回転が上昇するおそれがある。

改善措置の内容

当該オーリングを対策品に交換する。

自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置

・使用者:ダイレクトメールで通知する。

・自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載する。

・改善実施済車には、後面ガラス左下隅にNo.966のステッカーを貼付する。

対象範囲

車名

型式

通称名

対象車の車台番号の範囲及び製作期間

対象車の台数

ホンダ
KH-UBS73GWH
ホライゾン

UBS73GW-7200041~UBS73GW-7207400
平成10年4月2日~平成11年8月20日

対象車の一覧はこちら >>

66

   

(計1)

(計1車種)

(製作期間の全体の範囲)
平成10年4月2日~平成11年8月20日

(計66)