MENU

HONDA

検索
  • 改善対策届出番号:212
  • 届出日:平成14年8月20日
    改善対策開始日:平成14年8月21日

オデッセイの改善対策

概要

不具合の部位(部品名)

エンジン(クランクシャフトプーリーボルト)

不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因

クランクシャフトのプーリーボルト取付ネジ部に製造工程の残留物が付着しているものがあるため、プーリー取付ボルトの締付力が不足する場合がある。そのままの状態で使用を続けると、当該ボルトが弛んで異音が発生し、最悪の場合、クランクプーリーから補機駆動用ベルトが外れ、充電警告灯が点灯するとともに、ハンドルの操作が重くなるおそれがある。

改善箇所説明図

改善対策の内容

プーリー取付ボルトを対策品に交換するとともに、クランクシャフト及びキーを点検し、当該部位に損傷のある場合は良品と交換する。

自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置

・使用者:ダイレクトメールで通知する。
・自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
・改善実施済車には、その旨を点検整備記録簿に記載する。

対象範囲

車名

型式

通称名

対象車の車台番号の範囲及び製作期間

対象車の台数

ホンダ
GH-RA6
オデッセイ
RA6-1000021~RA6-1014155
平成11年11月11日~平成12年2月17日
14,135
GH-RA7
RA7-1000015~RA7-1003960
平成11年11月16日~平成12年2月15日
3,946

  

(計2)

(計1車種)

(製作期間の全体の範囲)
平成11年11月11日~平成12年2月17日

(計18,081)

  • ※本届出は、平成13年10月18日の届出に対象車を追加するものです。