MENU

HONDA

検索
  • 改修の開始日:平成16年3月12日

オデッセイのサービスキャンペーン

概要

不具合の内容

ハンドルの舵角と車速に応じてヘッドランプの照射方向を変えるシステム(AFS)の駆動機構に不具合があり、照射方向が直進状態に戻らないものがある。 そのため、制御回路が異常を検知してフェールセーフ機能が働き、ヘッドランプのロービームの配光を僅かに下げるとともにAFS警告灯が点滅する。
ただし、フェールセーフ時でもヘッドランプの性能は保安基準の範囲内である。
(AFS: アダプティブフロントライティングシステム)

改善の内容

AFS制御ユニットを対策品と交換するとともに、ヘッドランプロービーム駆動用ギアボックスもしくは、ヘッドライト一式を対策品と交換する。

使用者に周知させるための措置

ダイレクトメールで通知する。

対象範囲

車名
型式
通称名
対象車の車台番号の範囲及び製作期間
対象車の台数

ホンダ
LA-RB1

オデッセイ
RB1-1000024~RB1-1005988
平成15年10月6日~平成15年12月26日
1,453
LA-RB2
RB2-1000021~RB2-1001015
平成15年10月6日~平成15年12月26日
314
UA-RB1
RB1-3000047~RB1-3018288
平成15年10月8日~平成15年12月26日
2,290
RB1-7000014~RB1-7000022
平成15年12月23日~平成15年12月25日
5
UA-RB2
RB2-3000016~RB2-3003151
平成15年10月 9日~平成15年12月 26日
610
RB2-7000004
平成15年12月20日
1

 

(計4)
(計1車種)
(製作期間の全体の範囲)
平成15年10月6日~平成15年12月26日

(計4,673台)

  • ※対象範囲のうち、改修の対象はAFS(アダプティブフロントライティングシステム)装備車のみとなります。
  • ※対策後の識別:運転席側ドアオープンストッパーのボディー側取付ボルトに黄色ペイントを塗布