LKAS(車線維持支援システム)

LKAS は、フロントガラス上部に設置してあるカメラによって、左右の白線(黄線)をとらえ、電動パワーステアリングの動きをアシストし、車線維持走行を補助するためのシステムです。

警告
LKASは補助システムとして使用してください。LKASは、自動運転システムではありません。あくまでも運転者をアシストするためのシステムです。
 
取扱説明書に従い使用しないと、思わぬ事故につながり、死亡または重大な傷害にいたるおそれがあります。
 
常に周囲の状況を確認し、安全運転を心がけて走行してください。
さらに詳しく
インストルメントパネル上部に物を置かないでください。物がフロントガラスに反射して車線を正確に検知できない場合があります。

LKAS は方向指示器(ウィンカー)を出さずに車線変更を検知した時のみ警告します。
LKAS は、すべての車線区画線や車線逸脱を検出できない場合があります。また天候や速度、路面状況によっては、システムが機能しないことがあります。
運転者が周囲の道路状況を確認し、安全運転を心がけて走行してください。

LKAS は、急なカーブや加速・減速の繰り返しが続く道路では、システムが正常に機能しないおそれがあります。LKAS は、高速道路や自動車専用道路などを運転するときに使用してください。

フロントガラス上部に装備されているカメラの取り扱いについては下記を参照してください。

LKASは条件により正常に作動しない場合があります。

車線の検知ができないときは、一時的にシステムが解除されます。車線を検知するとシステムが自動復帰します。

システムの作動

車線維持支援機能

車が車線中央を走行するようにアシストし、白線(黄線)に近づくと電動パワーステアリングの操舵力が強くなります。

車線逸脱警告機能

車が警報エリアに入ると車線逸脱の警報を音とディスプレイ表示で行います。

LKASを作動させるには

LKASシステムは、以下の条件で作動します。

  • 車速が約65 ~100km/hで走行しているとき
  • 左右に白線(黄線)が引かれている車線の中央付近を走行しているとき
  • 直線または半径230m以上のゆるやかなカーブの道路を走行しているとき
  • ワイパーを連続で作動させていないとき
  • ブレーキペダルを踏んでいないとき
  • 方向指示器(ウィンカー)を出していないとき
さらに詳しく
システムが作動しているときに、左右の白線(黄線)に偏る場合は、システムを停止し指定のHonda販売店で点検を受けてください。

白線(黄線)を正しく検知できず走行位置を正しく設定できない場合があります。

システムを正しく作動させるために、必ず次のことをお守りください。
  • カメラ付近のガラスは常にきれいにしておく
  • フロントガラスのお手入れをするときは、ガラスクリーナーなどがカメラのレンズに付着しないようにする
  • カメラのレンズには触れない
  • カメラ付近のガラスにステッカーを貼らない

システムの作動方法

  1. MAINスイッチを押す
    • LKASシステムがONになり、マルチインフォメーションディスプレイ内にLKAS 表示灯(グリーン)が点灯します。

  2. LKASスイッチを押す
    • LKASシステムが待機状態になります。マルチインフォメーションディスプレイに車線表示(点線)が点灯します。
  1. 車線の中央付近を走行する
    • 車線中央付近を走行中にカメラが両側の白線(黄線)を検知すると、LKASが制御を開始します。

解除するには

以下のいずれかの操作をすると、LKASが解除されます。
  • MAINスイッチを押す
  • LKASスイッチを押す
前回走行時にLKASがON状態でも、エンジンスイッチを0※1にする度にLKASはOFFになります。
さらに詳しく
MAINスイッチを押すと、LKASと同時にACCも解除されます。

※1:Hondaスマートキーシステム装備車はエンジンスイッチの代わりにENGINE START/STOPが適用されています。

LKASの一時解除

次の場合、マルチインフォメーションディスプレイに車線表示が点線で表示され、LKASが自動解除されます。

  • ワイパーを連続作動したとき
    • ワイパーをOFFにすると、LKASは復帰します。
  • ブレーキ操作をしたとき
    • 減速などでブレーキペダルを踏むとLKASが解除され、待機状態になります。ブレーキペダルから足を離し、システムが左右の白線(黄線)を検知するとLKASが自動で復帰します。
  • 車速が60km/h以下になったとき
    • 車速が60km/h以下になると、LKASは自動解除します。車速が65km/h以上になると、LKASは復帰します。
さらに詳しく
マルチインフォメーションディスプレイを使って自動解除ブザーの有り/無しを設定できます。

LKASが自動的に一時解除されるとき

  • 白線(黄線)を検知できないとき
  • 急なハンドル操作をしたとき
  • ハンドル操作をしていないとき
  • 急なカーブを走行したとき
  • 制限速度を超えた速度で走行したとき

これらの条件が長く続かなければ、システムは自動的に再開されます。

LKASが自動的にキャンセルされるとき

次の場合、マルチインフォメーションディスプレイに車線表示が点線で表示され、ブザーが鳴り、LKAS が自動的にキャンセルされる場合があります。

  • カメラ内部の温度が一定以上高温になったとき
  • カメラまたはカメラ付近のフロントガラスが汚れているとき
  • ABS、VSA が作動しているとき

LKASの条件と制限

以下の条件では、システムは白線(黄線)を検知できず、LKAS が正しく機能しない場合があります。

環境によりカメラが正しく検知できない事例

  • 白線(黄線)と道路表面の区別ができないとき
  • 雨、霧、雪などの悪天候のとき
  • 路面に雪が残っていたり湿っているとき
  • 夜明けや夕暮れ時の太陽に向かって走行するとき
  • 強い光が道路に反射しているとき
  • トンネルの出入り口や、木、建物の影などで明るさが変化したとき
  • 雨上がりなどで路面がぬれて光っているときや水たまりがあるとき
  • 白線(黄線)の付近に影が映っているとき(木々、建物、ガードレール、車両など)

道路の状態によりカメラが正しく検知できない事例

  • 車線規制や仮設車線がある区間を走行するとき
  • 道路の修復や古い白線(黄線)のため、かすれや重複、タイヤ痕、さまざまな白線(黄線)が道路にあるとき
  • 交差点や横断歩道など車線の数が増減している区間や車線が複雑に交差している区間を走行するとき
  • 車線の幅が極端に狭いときや広いとき、または変化しているとき
  • 車両などが白線(黄線)の一部を隠しているとき
  • 坂道や、丘の頂上に近づいているとき
  • 段差などにより車両が大きく揺れたとき
  • 路上のもの(縁石、ガードレール、パイロンなど)を白線(黄線)と認識したとき
  • 道路がうねって車線がゆがんで見えるときや先が見通せないとき
  • 舗装されていない道路や荒れた道路を走行するとき
  • 車線が二重に描かれている道路を走行するとき
  • 凍結路や積雪路など滑りやすい路面を走行するとき
  • 雪上路や路上の雪・水溜まりなどで舗装路が部分的に見えているとき
  • 未舗装路やわだちのある道路を走行しているとき
  • 分岐・合流路などを走行するとき

自車の状態によりカメラが正しく検知できない事例

  • ヘッドライトのレンズが汚れて照射が弱いときや光軸がずれているとき
  • フロントガラス外側が汚れ、泥、湿った雪などに覆われているとき
  • フロントガラス内側が曇っているとき
  • ワイパーの拭き残しがあるとき
  • サイズや種類、構造の違うタイヤやホイールを装着していたり、タイヤ空気圧が適切でないとき
  • カーゴスペースやリヤシートに重い荷物を積んで、車が傾いているとき
  • 先行車との車間距離が短いとき
  • サスペンションを変更したとき
  • タイヤチェーンを装着しているとき

✤:タイプやオプションなどにより、装備が異なります。

このページを見ている人へのおすすめページ