MENU
HONDA
検索
The 37th Tokyo Motor Show FACT BOOK
The 37th Tokyo Motor Show 2003 2003.10.22
IMAS 参考出品車(コンセプトカー)
環境にやさしく、自在に操れ、自由に移動できる軽快な乗り物、自転車。《IMAS》は風と一体となって走る、自転車感覚の爽快感を実現するスポーツカーをめざしました。人と環境にやさしいクリーン性能と、人が楽しむスポーツ性能の融合をコンセプトに、軽量化と空力を徹底して追求。超軽量化を目標に、カーボンや、アルミを多用することにより、車両重量700kgを実現。さらにワンモーションのエアロフォルムなどにより、値0.20を達成。パワープラントにはさらに高効率に進化したHonda IMAシステムを採用。驚異の空力特性と軽量ボディ、そしてクリーンな動力システムが、自転車で風を切って走るような爽快感をもたらす、新次元のライトウェイトスポーツ《IMAS》を提案します。
※Honda計算値
値=0.20。超軽量のカーボンコンポジットボディ。
IMAS》は、軽量化と空力を徹底追求。そのために素材にカーボンを採用し、超軽量ボディを実現しました。ワンモーションシルエットで仕上げたエアロフォルムや、リアコンビ一体透過型リアスポイラーなどにより、驚異の値=0.20を達成。かつてない空力性能を獲得しています。また、エクステリアデザインも、シャープなラインとなめらかな面構成が融合し、風の流れを感じさせるようなフォルムに仕上げています。
※Honda計算値
ロードレーサーをイメージするライニングレスネイキッドインテリア。
インテリアも軽量化のために、工夫を凝らしました。アルミを採用しフレームを剥き出しにしたシンプルな構造とし、ひとつひとつのパーツが精巧に輝く自転車のロードレーサーのような感覚。また、CCDカメラからのサイドとリアの情報を的確に表示する透過式超薄型メーター&ナビゲーションモニターが、的確な情報を伝達します。
高効率 Honda IMAシステムと、爽快な走りをもたらす先進技術。
Honda IMAシステムを、さらに高効率に革新。軽量化・空力の追求と相まって、リッター40km以上の低燃費を実現しました。また、最適なステアリング操作をもたらすVGSシャフトレス・ステアリングや、アクセル操作に対して自然でリニアな反応が得られるDBW(ドライブ・バイ・ワイヤ)など先進の電子制御技術の採用により、俊敏な走りをもたらします。
※Honda計算値
大開口のダブルオープニング・テールゲート。
テールゲートは、荷物の積み下ろしを考慮した大開口設計。デザイン性と機能性を両立した、上下分割式ダブルオープニング・テールゲートとなっています。



前ページ前ページ前ページ 目次次ページ 次ページ次ページ