MENU

HONDA

検索
The 37th Tokyo Motor Show FACT BOOK
The 37th Tokyo Motor Show 2003 2003.10.22
HSC 参考出品車(コンセプトカー))
HSC》は、マシンを自在に操る感動とスポーツカーの楽しさを、あらゆる人に届けるために生まれました。コンセプトは、極限の高性能と、誰もが操れる自在性の融合。ドライバーに高度なテクニックを強いることなく思うままに楽しく操れ、走りの醍醐味を体感できるピュアスポーツをめざしました。ドライビングポテンシャルをフルに引き出す、ロングホイールベース&ショートオーバーハングのパッケージ。パワーユニットは、高効率・高出力を追求し300馬力オーバーのハイパワーを獲得した、軽量・コンパクトなV6エンジンを搭載。操縦性を考慮し、レイアウトはミッドシップを採用。素早いシフトチェンジのためにパドルシフトを設定しました。人が楽しく操ることができる自在性を実現しながら、磨き上げられたマシンとしての高性能を究めた、《HSC》。S500から始まるHondaのスポーツDNAを継承する、新次元ピュアスポーツの提案です。
※Honda計算値
人の心に響く、走りの感動を追求したデザイン。
高いパフォーマンスを引き出す最適なフォルムとしながら、人が見て、触れて心動かす官能的なデザインを施しました。ボディ上部はエモーショナルな躍動感を強調し、下部は走りを印象づけるシャープなデザインとしています。
スポーツマインドを駆り立てる、新次元ピュアスポーツインテリア。
コックピットはインパネ骨格をモチーフに、軽量かつ剛性感のあるデザインとしました。ブラックやブルーのカーボンをはじめ、カラードアルミや結晶アルミ、ヌバック革などの異素材を随所に配置。新次元のピュアスポーツにふさわしいインテリアに仕立てました。
運転の集中力を高める、レイヤードインフォメーションメーター。
二つの情報を遠近感をもたせて、ひとつのメーターで表示。外界とメーターとのドライバーの焦点距離移動を少なくし、よりすばやい情報認知を促します。
優れた操作性とスポーティ走行のための、ダイヤル式シフト+パドルシフト。
シフトチェンジをより容易にするダイヤル式シフトに加え、究極のスポーティドライビングを堪能するために、操る喜びをもたらすパドルシフトを採用しました。
優れた被視認性をもたらす3Dリアコンビネーションランプと、
後方情報を映し出すCCDリアビューカメラ。
リアコンビネーションランプに高輝度LED(発光ダイオード)を採用し、被視認性の高い立体的デザインとしています。また、CCDリアビューカメラにより、後方の状況を映し出し、ドライバーに的確に情報を伝えます。



前ページ前ページ前ページ 目次次ページ 次ページ次ページ