MENU
HONDA
検索
 

世界初 4ストローク50cc、PGM-FI搭載4バルブエンジン(4)


●微少な燃料流量制御
 50ccという小さな排気量のエンジンのため、インジェクターは微少な噴射量と噴霧の微粒化の両立が求められます。今回開発した50cc用インジェクターは2孔噴射ノズルを採用し、パンテオンと比較して1/3の最小噴射量を実現しました。また、微粒化については従来噴射ノズルの多孔化が一般的でしたが、内部流路形状を最適化することで世界最高水準の微粒化も達成しています。



●アイドリング時の微少な空気流量制御
 今回開発した50cc用アイドルエアーコントロールバルブは、超小型ステップモーターで高精度のバルブを30μm単位で精密に作動させることにより、パンテオンと比較して1/3の最小制御空気量を実現しました。これにより、始動・暖機・アイドリング等エンジンの運転状態に応じたきめ細かな空気量の制御が可能となりました。
 結果、始動性とアイドリング性能の大幅な向上と経年変化に対するメンテナンスを不要としています。
 



前ページへ前ページへ前ページへ目次へ次のページへ次のページへ次のページへ