Honda Sマチック(2)


■変速レシオの7速化
 『フォルツァ Z』『フォルツァ Z ABS』へは従来モデルよりもハイレシオ化した7速のレシオを設定。従来モデルと同じ車速で走行した場合、より低いエンジン回転域での走行を可能としています。これにより、エンジンの静粛性と実質的な低燃費化を実現しています。


■オートシフトモード
 オートシフトモードは、従来モデルで市街地向け設定とされた“Dモード”や郊外向きの“Sモード”、ワインディング路向きの“マニュアルモード”の3つのモードの秀でた変速特性を兼ね備えています。そして、走行環境に合わせた最適なレシオを自動で選択し、スムーズで最適な加減速を実現することで、スロットル操作とブレーキングに集中することができます。機構的には「スロットル開度」「車速」「エンジン回転数」「プーリー位置」「ドリブンプーリー回転数」「FIモード信号」「モード・チェンジ信号」を判断要素として、“レシオコントロールユニット”に情報を集約しています。また、走行時のシフトフィーリングは、敢えて滑らかな変速特性とせず、シフトアップ時にエンジン回転数を下げることにより、シフトチェンジと加速感がダイレクトに体感できるよう設定しています。






前ページへ前ページへ前ページへ目次へ次のページへ次のページへ次のページへ