Honda Sマチック(3)


【キックダウン機構】
 キックダウン機構は、走行中に瞬時にアクセル開度を大きくすることにより、“レシオコントロールユニット”の判断により速度を変えることなくシフトダウンを実施し、高回転域での力強い加速を可能としています。この機能により、高速道路に進入する際やコーナリング後に、力強くスムーズな加速を可能としています。









前ページへ前ページへ前ページへ目次へ次のページへ次のページへ次のページへ