MENU

HONDA

検索
クレアスクーピーファクトブックへ
 

開発の狙い


 1999年6月に発売のジョルノ クレアは年間販売計画台数25,000台を上回り、現在も好調な売れ行きを続けています。
 そして新世紀の幕開けとなる2001年、「クレア スクーピー」はHonda独創の水冷4ストローク50ccエンジンを搭載した2機種目のスクーターとして、ジョルノ クレアの性能や使い勝手をさらに進化させて誕生しました。
 フル3Dデータの解析技術による開発期間の短縮や、生産効率の向上などの取り組みによって、「クレア スクーピー」を159,000円、「クレア スクーピー・i」を179,000円のお求めやすい価格に設定し、ジョルノ クレアと比較して大幅なプライスダウンを実現しました。先進の性能とお求めやすい価格を両立することで、より気軽に多くの方々にご愛用いただけるとともに、Hondaが提案する二輪の環境思想である「クリーン4」の認知をさらに広めることを目指しています。
クリーン、タフ、エコノミー、サイレント

前ページへ前ページへ前ページへ目次へ次のページへ次のページへ次のページへ