MENU
HONDA
検索
 

電子制御式“コンバインドABS”(3)


より自然なレバーフィーリングを実現するストロークシミュレーター
 ワイヤを通じてパワーユニットでブレーキをかける「ブレーキ・バイ・ワイヤ」方式において、より自然なレバーフィーリングやブレーキレスポンスを確保するため、新たに二輪車用ストロークシミュレーターを開発。このストロークシミュレーターはバルブユニット内にあり、特性が異なる複数の弾力部材を採用することで、従来のブレーキシステムと同様のレバーフィーリングを実現しています。

バルブユニット図
バルブユニット
バルブユニット
バルブユニット図
ストロークシミュレーターに、特性が異なる複数の弾力部材で構成した反力モジュレーターを採用し、違和感のない操作感を実現。


小型化を可能にしたボールねじ構造モジュレーター
 パワーユニットのモジュレーターは、モーター軸と平行に配置されたボールねじにより液圧を発生させる構造を採用。モーター軸及びボールスクリュー軸の配置を工夫することで小型化を可能とし、自動二輪車への搭載に適したサイズを実現しています。

パワーユニット図

パワーユニット
パワーユニット

パワーユニット図



前ページへ前ページへ前ページへ目次へ次のページへ次のページへ次のページへ